• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

出張に便利な小型プリンター、1台で写真・ビデオ・音声が撮れるデジカメ

iPodをボイスレコーダーにする機器も紹介

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年10月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、海外出張先でプリンター、スキャナー、デジカメ、デジカム、ボイスレコーダーなどを使う場合について紹介します。まず、本コラムの「海外でモバイル!パソコン、ケータイの充電グッズと変圧器」で書いたように、必要に応じて電源プラグなどを準備してください。

 出張先でワードなどのデータのプリントアウトが必要になることがあります。「海外のパソコンで日本語を使うには」でも書きましたが、ホテルにビジネスセンターがあったり、近くにネットカフェがあれば、そこのプリンターを使うといいでしょう。なお、カラーのプリントアウトが必要な場合は、事前にカラープリンターがあるかどうか確認しましょう。

 海外のパソコンとプリンターで日本語を出力するのに一番よいのは、データをPDFにすることです。メールでデータを送ってもらう場合は、事前にデータをPDFにしてもらうようにしましょう。自分で作成したデータをPDFにするには、PDF作成ソフトを使いましょう。「クセロPDF2」など無料のソフトもあります。

小型プリンターを持参する方法も

 海外で頻繁に印刷したい時は、小型のプリンターを持って行くことも検討しましょう。私が使っているのは、ペンタックスのポケットブックです。感熱紙に印刷するプリンターで、カラー印刷はできませんが、A4サイズがプリントアウトできるので便利です。

ペンタックスのポケットブック

パソコンの手前にある黒いプリンターが、ペンタックスのポケットブック。仕事以外にも、現地のレストラン情報などの印刷などにも使える

 このほか小型のカラープリンターとしては、キヤノンのピクサスiP100という選択肢もあるでしょう。これはA4サイズのカラー印刷だけでなく、写真印刷もできるので、出張先で撮った写真をすぐにプリントアウトできます。ただしサイズは322ミリ×185ミリ×61.7ミリ、重さは約2.0キログラムと、ちょっとした荷物にはなります。

 出張先で入手した紙の資料を国内に送りたい場合には、スキャナーも便利です。海外のホテルのビジネスセンターやネットカフェには、スキャナーがないことも多いのです。

 富士通のスキャンスナップS300は、名刺からA4サイズまでの紙をPDFファイルにすることもできます。サイズはやはり大きめで、284ミリ×95ミリ×77ミリ、重さは1.4キログラムです。

コメント0

「深澤真紀の海外出張 役立ちガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員