• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第44回】優柔不断な人とのつき合い方

具体的な選択肢を出して質問する

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年10月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回からは、タイプ別のメンテナンス術についてお話ししていきます。

 まず「優柔不断な人」とのつき合いかたです。優柔不断な人と仕事をすると、場合によっては進行が滞ってしまうこともあります。そんな場合のメンテナンス術を考えます。

 優柔不断な人に何かを決断してもらう場合には、「どうしましょう?」とか「どう思いますか?」という曖昧な聞き方ではなく、また「イエスかノーか」とはっきりさせる聞き方でもなく、具体的な3者択一や4者択一の質問をするといいのです。

 曖昧な質問にはただでさえ答えにくいものですし、かといって二者択一に答えるのは、荷が重い感じがするからです。

優柔不断な人には3択や4択で質問

 3択や4択で聞く場合には、「すべてイエス」と「すべてノー」以外の選択肢として、「予算を見直せばイエス」とか「納期を見直せばイエス」など、自分にとって落としどころになる回答を選択肢に入れておくのが大事なのです。

 また、どういう時に質問するかも大事です。優柔不断な人に対しては、「質問するのも回答をもらうのも会議や打ち合わせなどで実際に会った時にする」「質問は書面にまとめて渡して回答は会議や電話などで聞く」のどちらかがいいでしょう。優柔不断な人は、メールなどの形に残る方法で回答するのが好きではないことが多いからです。

 会議を設ける場合は、質問のための会議と回答のための会議を分けましょう。質問の会議では資料をすべて渡して説明し、時間を置いてから、回答のための会議を別に押さえておきます。優柔不断な人は即断を避けますから、考える時間を作った方がいいのです。

 また、質問をメールなどで聞く時には、「明日の会議(電話)でご回答ください」と書き添えて、直接回答を聞きましょう。

 また、優柔不断な人に対しては、相手が何を気にしているのかも把握しておきましょう。予算を気にする人、上司の反応を気にする人など人それぞれですから、相手が気にしていることがあれば、「この方針なら、予算的に問題ありません」「この件について部長の承認は得ています」などと、事前に対策をしておく必要もあります。

 優柔不断な人に判断をしてもらう場合は、こちらが様々な準備をするしかないのです。何の準備もせずに、「相手が優柔不断だから何も進まない」と愚痴を言うのは簡単ですが、回答をもらわなければ進行が滞ってしまう場合は、こちらがスケジュールや落としどころを考えて動くしかありません。

コメント1

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長