• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

伊香保再生に賭ける、4人の跡取り娘

伊香保おかめ堂本舗(1)

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年10月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このコラムでは、毎回跡取り娘を1人ずつ取材してきたが、今回は、群馬県は伊香保で家業を継いだ、4人の跡取り娘たちが登場する。

 室町時代から湯治場として知られ、萩原朔太郎、谷崎潤一郎、島崎藤村、徳冨蘆花など文豪たちが愛した群馬県の温泉地、伊香保。徳冨蘆花の『不如帰』の舞台となり、蘆花はこの地で最期を迎えたことでも知られている。

 街の中心には石段街と呼ばれる長さ300メートル、360段の石段があり、浴衣姿の温泉宿の客たちが、お土産屋を冷やかしながらそぞろ歩く。石段を上がった突き当たりは伊香保神社。急な石段を、神輿を担いだ男たちが上る光景で知られている伊香保例大祭は、9月の観光シーズンの目玉だ。

夜、旅館に集合した4人の跡取り娘たち

 そんな伊香保の街で、夜8時、洋風旅館「ぴのん」のロビーに4人の女性が集合した。

 「これが今月の売り上げ」「そろそろ商品を補充しないと足りないね」…忙しく行き交う会話と同時に、手は素早く売上伝票を書く。彼女たちは有限会社「伊香保おかめ堂本舗」のメンバー。会社のヒット商品であるお土産物の決算報告をしているのだ。そしてメンバー4人それぞれが、伊香保の新しい時代を担う跡取り娘たちでもある。

 ホテル松本楼の3代目で、洋風旅館「ぴのん」を作った松本由起さん(39歳)、旅館の千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)23代目の千明(ちぎら)恭子さん(34歳)、これも旅館のいかほ秀水園3代目飯野由希子さん(31歳)、そして石段街の土産屋である民芸の山白屋3代目の真淵智子さん(43歳)だ。

伊香保おかめ堂本舗の4人の跡取り娘たちの会議風景。左から千明仁泉亭23代目の千明恭子さん、いかほ秀水園3代目の飯野由希子さん、ホテル松本楼3代目の松本由起さん、民芸の山白屋3代目の真淵智子さん

伊香保おかめ堂本舗の4人の跡取り娘たちの会議風景。左から千明仁泉亭23代目の千明恭子さん、いかほ秀水園3代目の飯野由希子さん、ホテル松本楼3代目の松本由起さん、民芸の山白屋3代目の真淵智子さん(写真:山田 愼二、以下同)

 8月の伊香保ハワイアンフェスティバル(伊香保温泉観光協会主催)、9月の渋川市伊香保商工会による伊香保まつりで、また街がにぎわう前の一息つける時期に、本業の時間を割いて4人が集まったのだ。それぞれが仕事を終えると夜になるので、伊香保おかめ堂本舗の活動は、どうしても夜の時間になる。

 松本さん、千明さん、飯野さん、真淵さんの4人は、2002年、伊香保温泉品質向上委員会に参加した。これは、伊香保温泉観光協会と旅館組合が初めて共催した町の活性化会議で、行政の観光課職員も参加したものだ。委員会の席上では、「ほかの魅力的な温泉地の視察をしてはどうか」という提案も出たが、「費用はどうするのか?」など様々な意見が出て、なかなか決まらない。

 委員会の後でたまたま残った4人が、夜中の2時まで「これからの伊香保をこうしたい」と、街作りについて熱く語り合った。52軒の旅館がある伊香保だが、このところ客足が落ちている。さらにバブル期の設備投資がたたり、廃業したり、伊香保以外の資本を入れる旅館も出てきた。古い温泉地として団体客を呼び込んでいた伊香保にも、「大きなターニングポイントが来ている」「今のままではいけない」と誰もが感じていたのだ。

 「1人ではできないけれど、4人集まればできるかもしれない!」。…そんな思いが、4人の跡取り娘たちを動かした。思ったらすぐに実行するのが、女性たちの思い切りの良さ。できることからやろうと、4人で計画して、再生に成功しているほかの温泉地の視察に行ったりした。

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員