• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女の幸せは、収入で決まる?!

不安定な時代をサバイバルするには

  • 岸本 洋美

バックナンバー

2008年10月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「女性の幸せは、収入で決まると思いますか?」

今発売中の「日経WOMAN」11月号の特集、「『お金と幸せ』ハッピー★セオリー」で行ったアンケートで、この質問をしてみたところ、「はい」と答えた女性は37.9%。その理由として、「自立してある程度の余裕を持って暮らせる収入がないと、心の平穏を保てない」「美容や自分磨きにかけるお金の差が、女性としてのレベルの差につながり、結婚でも差が出る」といった意見が上がった。

 女性の幸せは、本当にお金で決まるのだろうか?

年収800万円よりも120万円の方がハッピーな理由

 組織人事コンサルタントで、慶応義塾大学大学院教授の高橋俊介さんによれば、「収入と幸福感の相関関係を調べたデータによると、世帯年収700万円までは、幸福感は右肩上がりでした」と言う。実際に日経WOMANのアンケートでも、年収800万円以上の女性は「仕事満足度」「ワークライフバランス度」のいずれも、それ以下の年収の女性よりも数値が高かった(アンケートによる読者の平均年収は406万円、平均年齢は32.1歳)。

 しかし、年収800万円以上の女性と100万~200万円の女性それぞれにアンケートをとると、「幸せ」と答えた割合は「800万円以上」が84%、「100万~200万円」が78%で、大きく差がないことに驚かされた。

 「お店を持つのが夢。今の仕事は生活雑貨店での販売です。年収は120万円と高くありませんが、将来のための経験、勉強の時期と思っているので苦になりません」(25歳・小売・販売)と話す“年収200万円以下のハッピーさん”がいる。その一方で「抱えているプロジェクトの関係で残業の毎日。以前はこだわりを持っていたことも、時間的、体力的に妥協しなければならず、仕事にやりがいも感じません。休日は寝るだけの日々。自分の人生はこれでいいのか、と不安です」(38歳・IT・ユーザーサポート)という、“年収800万円以上のアンハッピーさん”もいる。

 「大切なのは、『生涯働き続けることができる力』。現在の収入が低くても、長い目で見たキャリアプランを持ち、そのために努力していれば、将来は年収も上がる可能性が高い。それが『稼ぎ力』につながり、幸福感も高くなります」と高橋さんは言う。

 逆に年収が高くても、「このペースでは、働き続けられない」「今の仕事を一生続ける気にならない」など、現在の頑張りが将来に結びついていないと、幸福感は得られない。「幸せ」のために必要なのは、自分の力で生活していかれる「稼ぎ力」をつけることと、そのために必要なキャリアプランを持つことなのだ。

貯蓄の目的は“万一の備え”と“老後資金”

 「結婚したら仕事を辞めるつもりでいましたが、気がついたら36歳。今はつき合っている彼もいず、一生ひとりかもしれないと思うと、この仕事で食べていかれるのか悩んでしまいます」(36歳・金融・事務)

 「地元では正社員採用に積極的な企業が少なく、短期雇用の派遣社員として数カ月働いては次の仕事を探す、という状況です。年収は180万円。今は実家暮らしだけど、両親に何かあったら…と思うと不安です」(30歳・保険・事務)

コメント3件コメント/レビュー

日本は本当に経済的な豊かさ・便利さばかりを追い求めすぎですよね。オーストラリアなどでも、残業なんてしない人が多いし、仕事が終わったら家族や友人と公園に行ってゆったりと過ごしていたりする。日曜日はもちろん働かず、店も閉まっているところが多い。日本の方が経済的には豊かかもしれないけど、心も豊かに生活できているか、と考えると少し疑問符がつくように思います。女性の幸せについても、男性と同等の仕事をして頑張ろうと言うのはいいですけど、それで本当に自分が幸せになれるのか、よく考えたほうがいいですよね。幸せは他人と比較して決まるものではなくて、自分の中で、自分が決められるものですから。(2008/10/28)

オススメ情報

「働く女性のリアルリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本は本当に経済的な豊かさ・便利さばかりを追い求めすぎですよね。オーストラリアなどでも、残業なんてしない人が多いし、仕事が終わったら家族や友人と公園に行ってゆったりと過ごしていたりする。日曜日はもちろん働かず、店も閉まっているところが多い。日本の方が経済的には豊かかもしれないけど、心も豊かに生活できているか、と考えると少し疑問符がつくように思います。女性の幸せについても、男性と同等の仕事をして頑張ろうと言うのはいいですけど、それで本当に自分が幸せになれるのか、よく考えたほうがいいですよね。幸せは他人と比較して決まるものではなくて、自分の中で、自分が決められるものですから。(2008/10/28)

今現在お金がなくても将来に希望を持てる人は幸せだし、逆にそれがない人は不幸せというのはわかります。たくさん稼いでいても、家族も友人も居なくて好きな仕事でもなければ「何の為に生きているのかわからない」と思うでしょうね。一番救いがないのはお金も希望もない人たち。派遣社員などでそういう人がたくさん居ると思います。正社員になれれば幸せというわけでもないのですが。いま収入が少なくても「希望が持ちやすい社会」にしていくことが大切なのではないでしょうか。(2008/10/28)

年収はその年だけのもの。800万円以上の収入があっても将来に対する不安があるのは、一生それを維持していける自信がないから。年収ではなく生涯収入(と生涯支出)という観点が抜けていては、お金の価値を正しく測ったことにはならない。例え800万の収入があっても、病気になってそれが途絶えてしまえばそれまでのこと。 また森永氏が欧州の例を引き合いに出しているが、欧州にあって日本にないものが多すぎるので、真に受けるべきではない。単純に考えても、子供の教育費やら住宅費やらに生涯収入の大半をつぎ込まざるを得ない社会は異常。日本では300万円で生活できる社会的インフラが乏しすぎる。ワインとおかずがあればよいと言うだけですむほど、ことは単純ではない。(2008/10/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長