• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第48回】あなたが「人間嫌い」「つき合い下手」だったら

苦手な会合に無理して行かない、準備して役割を演じる

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年10月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、あなたが「人間(関係)が苦手」「人間が嫌い」という場合のメンテナンスを考えます。

 こういう人は、言い換えれば「人間音痴」「人間下手」なのです。他人と関わるたびに、傷ついたり落ち込んでしまって疲れるし、「人間(関係)が得意そうに見える人」へのコンプレックスもあります。そして例えば、仕事の人間関係がうまくいかないとか、家族と仲が悪いとか、友だちがいないとか、飲み会や集まりに呼ばれないといったことで、傷ついたりします。

 人間が苦手な人は、まず自分が人間が苦手なのだということを認めることからスタートしましょう。そして過剰なコンプレックスを抱いたり、いちいち傷ついたりすることをなるべくやめましょう。

苦手と分かっているなら、つき合いを減らす

 なぜなら、苦手と分かっていながら必要以上に人間とつき合ったり、飲み会や集まりに出かけたとしても、呼ばれないことで傷つくことよりも、その場で起こるちょっとしたトラブルなどで傷つくことの方が多かったりするからです。「スケートはできないけれど、行ってみたら楽しいかな」と思って出かけて滑ってみたら、やっぱり転んでケガをしたようなものです。

 人間が苦手な人は、一方では妄想を膨らませて、「自分の行かないところでは、楽しそうなことが行われているんじゃないか?」と思うのですが、例えば飲み会などは、飲み会好きな人にとってさえ、ちょっとうっとうしいこともあります。初めから「呼ばれなくて助かるな」と思っているくらいでいいのです。

 呼ばれた飲み会などに気まぐれで行くのは、特にやめた方がいいでしょう。「人数が足りないから」とか「近くで飲んでるから」という理由で誘われることがあると、「自分を呼んでくれてうれしい」とは一瞬思うのですが、こういう時は、相手はあなたにぜひ来てほしいから呼んでいるわけではありません。

 それでは、居心地がいいわけがありませんし、そんな場面は人間が苦手な人にとってはつらいものです。

 メンテナンス術ではこれまで「自分を卑下しない」「自虐トークをしない」方がいいとお話ししてきましたが、人間が苦手な人は、時には自虐トークも使っていいと思っています。「私は人間関係が苦手なんです」「友だちがいないんです」などと言うことで、相手に「そうか、じゃああんまり誘わない方がいいかな」と思わせるのも1つの方法だと思います。

 そして、自分にとって、最低限必要で大事な人間関係だけをメンテナンスすればよいのです。

 とはいえ、仕事などでは「人間が苦手」では困る場面もあるでしょう。「とにかく、ここを乗り切らなければいけない」という時に大事なのは「準備して演じる」という方法です。「自分は役者なのだ」というくらいの気分で、すべて舞台の上のことと思って行動するのです。

コメント0

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長