• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第50回】メンテナンスという考え方で、人生は楽になる

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年11月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1年間続けてきた連載「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」ですが、今回が本編としては最終回になります。

 「メンテナンス」という考え方は、私自身が仕事をしたりプライベートの時間を過ごしたりする中で、「自分をすり減らさない方法」として編み出した方法です。

 私はいくつかの会社を転職しながら、編集者としての仕事をしてきました。そして起業して企画会社を作り、40代になりました。

 20代、30代の頃はとにかく仕事もプライベートも「頑張らなくちゃ」と、前向きにやっていこうとしたものです。それでうまくいくこともありましたが、いくら頑張っても自分の思うようにいかないことや、人に迷惑をかけてしまうこともあったりしました。そのうち、次第に疲れてきて、だんだん「すり減ってしまった」自分を感じていたのです。

「そこそこ、ほどほどに生きる」という考え方

 そのうちに、「そうか、他人との人間関係や仕事のことなどは、車やパソコンなどをメンテナンスするように考えればいいのかもしれない」と思うようになりました。「そこそこ、ほどほどに生きながら、自分を長持ちさせた方がいいよな」と思えるようになってからは、ずいぶん気が楽になったのです。

 「メンテナンス」という方法を意識するようになってから、自分にも他人にも仕事にも大きな期待をしなくなりましたし、トラブルが起きても、あまり考えすぎずに対処できるようになってきたのです。

 このような自分の経験を基に、「これまで前向きに生きてきたのに、最近なんだか疲れた…」という人に、メンテナンスというのを1つの考え方として知ってもらえればと思って、1年間連載をしてきました。

 これまで様々なビジネス書を読んできた人にとっては、この連載の考え方はちょっと変わっていたかもしれません。私自身、この連載の「メンテナンス」というやり方が「どんな人にでも」「どんな時にでも」役に立つとは思っていません。

 もし私が、このような連載を20代の時に読んでいたら、「こんな考え方ではダメだ」と思っていたかもしれません。また、自分が50代、60代になった時に読んだら、「こんなことを考えていたなんて、若いな」と思うかもしれません。

 「メンテナンス」は、すべての人間関係に対して万能なわけではありませんし、「メンテナンス」を“一生懸命やる”ことも、この連載が目指すものではありません。

 ただ、時にはこの考え方が役に立つこともあるのだ、といったくらいに思っていただければうれしいです。少なくとも今の私自身は、こう考えるようになって楽になりました。

 「そこそこ、ほどほどに生きる」ための連載ですから、「そこそこ、ほどほど」に読んでいただけていれば、うれしいです。

コメント14

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長