• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第33回】草食系男子よ、武装を解こう

多くの女性にモテなくても、幸せになれる

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年11月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『草食系男子の恋愛学』(メディアファクトリー)を書かれた、大阪府立大学人間社会学部教授の森岡正博さんと、「ダ・ヴィンチ」11月号で対談させていただいた。男性向けの「モテ指南本」「恋愛本」はたくさんあるが、この『草食系男子の恋愛学』ほど真実に迫り、実用的な本はほかにない。女性が読んでも気持ちがいい、唯一の男性向け恋愛本である。

 この本が出た時、「これこそ、婚活中の男性にぜひ読んでほしい」と思った。

 普通、男性向けの「モテ本」とは「いかに多くの女性を獲得するか」のために書かれているものだ。しかし本書は「好きな女性に振り向いてもらう」ための本だ。多くの女性ではなく「ただ1人の好きな女性」がターゲットであることが、一番のミソなのだ。

 しかも、男性への目線が優しい。壮年の男性が過去のモテ自慢を展開するのではなく、過去に「モテないという絶望」を抱え、モテる男性に「殺意」に近い気持ちを抱いた経験者が、「そんな時は、女性にこう言ってあげればいいんだよ」と後輩たちに語りかける、気持ちのこもった本だ。

草食系男子は、1人の女性を愛し続けたい

 まず草食系男子とは何か? 本書では「新世代の優しい男性」と定義されている。ガツガツと異性を求める肉食系男子とは違う。「異性と肩を並べて、優しく草を食べることを願う」男性たちのことである。

 よく女性誌などで男性を、「トラ型VS羊型」「肉食VS草食」などと定義しているが、それぞれ後者の方である。「強く、たくましく、勝つ」者が偉い、という「肉食系思想」の男性社会から見れば、草食系男子は「違う星の人」みたいに見えるだろう。

 私が取材した35歳以下の男性、特に20代男性には、本当にこういうタイプが増えているのだ。私が「キャリモテ女性」のよきパートナーと定義した「ワークライフバランス王子」に近い。一緒に仲良く草を食むように、仕事もプライベートも、女性と仲良く生活する男子。

 この本を読んだ時、「草食系男子とはワークライフバランス王子のことではないか」と思ったのだ。

 実際に森岡さんに聞いたところ、この本は「婚活本」ではないと言う。草食系男子が「モテるためのテクニック」ではなく「誠実さ」を武器に、好きな女性との深い恋愛の入り口に立つための本である。結婚までは目的とはしていない。

 しかし彼らは乙女チックに「愛するただ1人の女性とずっと一緒にいたい」と望む男子なのだから、「よき恋人」から「よき夫」になってくれる可能性も十分にあるのだ。

 多くの婚活中の女性たちの願いも、「自分だけを愛してくれる男性と家庭を築きたい」というものだ。実際にアラサー世代の女性の声を聞くと、「浮気する男性はイヤ」という気持ちがかなり強い。バブル世代は「モテない夫よりモテる夫」をよしとしたが、「モテ男性」は今、若い世代になるほど「人気急落」である。

 草食系男子と「浮気男がイヤ」な女性。この両者をうまくマッチングすれば、日本の結婚人口はまだまだ増えると思うのだが、女性たちは相変わらず受け身で、草食系男子たちはもっと臆病である。両者とも踏み出さなければ、何も起きはしない。そこで役立つのが本書である。

コメント24件コメント/レビュー

草食、肉食って意味分かりません。「資本主義の精神」を身に付けた男女が出会う時代に入った。それだけの話ではありませんか? バブルの時代でさえ口にすることを憚った「お金の話」を男女の間でやりとり出来る時代になった。 例えばクリスマスシーズンのディズニーリゾートで。辛抱強く夜のヴェネチアンゴンドラを待ち続けるカップルの行列は、まさに強欲資本主義から決別し、本来の資本主義の再生にふさわしい光景でしょう。 この時代だからこそ、お金に振り回されない。けれでも限定イベントは楽しみたい。だから手をつないで歩き続ける。こういう時代来たことが素直に嬉しいです。(2009/02/22)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

草食、肉食って意味分かりません。「資本主義の精神」を身に付けた男女が出会う時代に入った。それだけの話ではありませんか? バブルの時代でさえ口にすることを憚った「お金の話」を男女の間でやりとり出来る時代になった。 例えばクリスマスシーズンのディズニーリゾートで。辛抱強く夜のヴェネチアンゴンドラを待ち続けるカップルの行列は、まさに強欲資本主義から決別し、本来の資本主義の再生にふさわしい光景でしょう。 この時代だからこそ、お金に振り回されない。けれでも限定イベントは楽しみたい。だから手をつないで歩き続ける。こういう時代来たことが素直に嬉しいです。(2009/02/22)

常に平等、人と争う事を好まない、すぐ諦める、こだわりを捨てて全てを受け入れる・・・そりゃストレスは溜まらないですよね。「今のままで良いんだよ」みたいな草食男子が増えています。対人関係でストレスを溜める事も無く「何くそ!」という負けん気が完全に欠落している。これじゃ人間は成長しない。癒しばかりじゃだめなんです。現状維持では無く、向上心と自信を持って行動しないと。マッチョな男らしさを求めているわけではありません。社会で暮らしていく上での最低限の強さを、身につけて欲しいだけです。(2009/01/18)

男性の草食化、女性の肉食化が進んだのは男性を精神的に去勢してきたフェミニストの方たちの努力の結果ではないですか? 男性が何か言えばセクハラだのなんだの言って、女性の暴言は許されてきたバブル以降の世の中がそうしたのだと思います。男性に男らしくないと言えるのに、女性に女らしくないと言ったらどういうことになるか容易に想像出来るでしょう。(2008/12/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長