• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ポジティブでなくても、メンタルが強くなくてもいい

自分をすり減らさず、「そこそこほどほど」に生きるコツ

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年11月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

連載「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」を終えた著者の深澤真紀さんに、連載を始めた経緯や「人間関係をメンタルではなくメンテナンスで考える」という新しい発想についてお聞きした。

(聞き手:日経ビジネス オンライン編集委員 大塚 葉 構成:橋中 佐和)

―― ほぼ1年、50回の連載を終えてのご感想からお聞かせください。

深澤 「メンテナンス術」という考え方は、今あるビジネス書や自己啓発書とは逆の発想でした。このため、どのくらいの読者に受け入れてもらえるかと心配していたのですが、予想以上の多くの方に受け入れていただけてよかったです。

 「読んで楽になりました」とか「こう考えればいいのか」という感想をいただいて、うれしかったですね。このウェブサイトでの連載は読者からの反応がダイレクトに返ってくるので、読者の意見を取り込みながら記事を書いていけましたし。

 それから、自分自身としても「メンテナンス術」を連載することで、この考え方をあらためて実践してみて、使えるなと実感しました。

―― 「メンテナンス術」という言葉を使った経緯を改めてお聞きします。連載を始める時に伺ったのは、「メンタルではなく、メンテナンスで考えよう」というご提案でしたね。

深澤真紀さん

深澤真紀さん (写真:花井 智子、以下同)

深澤 以前は私も「まずはメンタルが大事だ」と考え、「相手と分かり合おう」としていました。でも、こうしたメンタル重視の考え方は必ずしもうまくいかないことが分かってきたんです。「人間関係や仕事などに対して、すべてに真剣に関わることは必ずしもいいことではないのでは?」「真剣に考えすぎて、むしろ失敗することもあるのでは?」と思うようになりました。

 そこで仕事やプライベートの人間関係の中で、時間的にも労力的にも多くの割合を占める部分は「メンテナンス」という考え方で処理できるんじゃないかなと発想したんです。

 私はもともとパソコンやマンションのメンテナンスが好きですが、「メンテナンスという考え方は、パソコンや家だけではなく、いろんなことに使えるかもしれない」と思ったんです。パソコンならウイルス対策ソフトを入れるとか、家なら台風が来るのに備えて雨戸を閉めるとか。――自分自身が生きるうえでも、そういう考え方が必要だと思ったわけです。

―― パソコンも日々メンテナンスしておけば、ある日突然壊れて買い換えなければいけない、ということにはならない。自分自身にも、日頃からそういう目配りをするということですね。

深澤 はい。パソコンの場合なら、普段からデータのバックアップを取っておけば、急に故障しても対処はできますよね。そういう管理も必要です。よく携帯電話をなくして、登録した情報が全部なくなったと嘆く人がいますが、あれはバックアップをとるのが当たり前だと思っている私からすると、すごく不思議なんです。

 同じように、人間関係や仕事もダメになった時のことを前提にメンテナンスするようにしています。そうすれば、意外となんとかなるんですよ。

コメント5件コメント/レビュー

いつもこのコラムを読むのがとても楽しみでした。まるで自分を諭すように書いてくださっていると感じられるほど、読後は気持ちがとても安らかになりました。機能不全家庭で育った私はいろんなことを気にし、自分を責め、目の前のトラブルは自分への糧だと思い込んでいました。あることがきっかけでうつ病にもなりました。人というのは多かれ少なかれどこかで無理してしまうものだと思いますが、よりよく、ではなく、ほどよく、という気持ちですごしていきたいと思います。どうもありがとうございました。(2008/12/05)

「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつもこのコラムを読むのがとても楽しみでした。まるで自分を諭すように書いてくださっていると感じられるほど、読後は気持ちがとても安らかになりました。機能不全家庭で育った私はいろんなことを気にし、自分を責め、目の前のトラブルは自分への糧だと思い込んでいました。あることがきっかけでうつ病にもなりました。人というのは多かれ少なかれどこかで無理してしまうものだと思いますが、よりよく、ではなく、ほどよく、という気持ちですごしていきたいと思います。どうもありがとうございました。(2008/12/05)

私自身も過去に人間関係や仕事のトラブルで自分を責めてしまうこともあったり、なかなか前向きになれない自分に嫌悪感を持ってしまったことがありました。でも「無理に前向きになることはない。今はしんどい時期だとしても今はこういう時期だし、自分に無理を強いて辛くなるよりも、できることからやっていけばいい」と思えるようになったら、とても生き易くなりました。どのコラムも印象に残るものでしたが、第40回の「自分磨きより自分取材をしよう」という回が特に印象的でした。私自身もここ数年自分と向き合う時間が増え、棚卸しをする機会があったので、その回のコラムでは「やはりどこかで自分をじっくり見つめなおす時間って必要なんだなぁ」と思いながら読んだ記憶があります。今まで楽しいコラムを提供いただき、どうもありがとうございました。(2008/11/20)

この連載自体を知らなかったので、最初から全て読みました。10代の頃から対人恐怖症で自分嫌いで30代半ばを過ぎてしまいました。仕事・結婚・家族とか色々と悩み過ぎていました。この連載を読んで、もっと楽に生きて良いんだって感じて気持ちが軽くなりました。今は、私と同じ様に生きる事に疲れている男が多いと思います。そんな方に是非読んで貰って精神的に楽になって欲しいです。(2008/11/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長