• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

松下幸之助の名言から「メイクラブ日」まで
女性の手帳は情報満載

  • 藤井 聡子

バックナンバー

2008年12月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 書店や文房具店にずらりと来年の手帳が並ぶ12月。「来年こそは、手帳を上手に使って、充実した毎日を送りたい」と思っている人も多いのではないだろうか。

 そこで「日経WOMAN」では、「手帳」をテーマに特集を企画。働く女性の「手帳事情」を探ってみた。

 30歳前後の働く女性たちは、どのように手帳とつき合っているのだろうか。

 日経WOMANの読者アンケート(2008年9月上旬、日経WOMANサイトで実施。回答者数1556人、平均年齢32.3歳)では、「手帳は日常生活で欠かせないもの」と答えた人は全体の約8割。手帳選びの際に重視するのは、圧倒的に「機能性」(72.1%・複数回答)。リフィルを入れ替えて使うシステム手帳よりも、「1年ごとに買い替える」派が多く、毎年のように「自分にとってベストな手帳」を探す姿が浮かび上がってくる。

手帳は強力な「相棒」

 さらに調査していくうちに、女性たちの手帳の中身には「パブリックな“表”の顔」と「プライベート満載の“裏”の顔」があることを発見。仕事に使う「表」ページに書き込んでいることは、毎日のスケジュールのほか、仕事のTO DOリスト、企画やアイデアの覚書、夢やビジョンなど。書き込み方も、ペンで色分けしたり、粘着メモを活用したり、シールやイラストで目立たせたりと、それぞれ分かりやすいように工夫を凝らしている様子だ。

 一方で面白いのは、その人の“素”の部分が垣間見られる「裏」ページ。

 プライベートの予定はもちろん、大切な人の誕生日や記念日、人には見られたくない月経サイクルや“メイクラブ”した日などのシークレット情報も。ほかにも、ひとこと日記、見た映画や本の感想、毎日の支出メモや欲しいものリスト…など、ありとあらゆる情報が詰め込まれている。

 手帳に様々なカードや資料を挟み込んでいる人も少なくない。家族、友人、恋人やペットの写真、カードや手紙、付箋、クリップ、ぽち袋、「大吉」のおみくじ、新聞や雑誌の切り抜き、コンサートや美術展のチケット、「いざという時のために」祝儀袋まで!

 手帳のポケット部分にこれらを挟み込み、ぱんぱんに膨れ上がった手帳を量ってみると、重さが何と1キログラム!という人も。働く女性にとって、手帳は頼りになる「ドラえもんのポケット」のような「相棒」なのだ。

仕事スタイルや使う目的で、手帳選びは変わる

 手帳を選ぶポイントや使い方には、携わっている仕事や、その人の個性が表れることも分かった。代表的なパターンをご紹介しよう。

1)「マンスリータイプ」活用派
 このタイプを使うのは、アポイントや突発的な仕事の発生が少ない事務職が多い。マンスリー派によると、「ルーティンワーク中心なので、ONの予定管理はカレンダーだけで十分」(27歳・メーカー・事務職)とのこと。鞄の中でかさばらない薄型の手帳が好き、という人も、このタイプを選ぶことが多いようだ。

コメント0

「働く女性のリアルリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏