• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一人ひとりが輝く場をつくる。

各自が持ち味を生かせば、チームの力は倍増します

  • 漆 紫穂子

バックナンバー

2008年12月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 受験生の親御さんから「品川女子学院の生徒さんは明るく活発な方が多いようですが、うちの子はおとなしくて自分から前に出ないんです。そんな子でもやっていけるのでしょうか?」と質問されることがあります。

 確かに新入生にアンケートを取ると、小学校の時に生徒会長や学級委員など、リーダーの立場を経験したことのある子が半数近くいました。しかし逆に見れば、半数はそういう経験のない子が集まっているとも言えます。

 在校生を見ていても、力があっても自分からは手を挙げない子、「縁の下の力持ち」が好きで、表に出るのを嫌がる子、みんなでやる前向きな雰囲気をうっとうしいと感じる子など様々です。

 でも、それでいいのではないでしょうか。一人ひとりにその子なりの持ち味があり、それを生かして役割分担ができるからこそ、お互いがお互いの役に立てる。チームとしての力が出るのだと思います。

作法室で茶道の授業

作法室で茶道の授業(写真:筆者、以下同)

 こんなことがありました。企業経営者を招いて講演をしてもらった時のことです。お話が終わった後、係の生徒が控え室でその方に相談を始めました。

 「自分は、本当はリーダーになりたかったが、選挙で負けて副リーダーになった。でも、実際の仕事はほとんど自分がやっているので、どうしても納得できない」というような内容でした。

 その経営者の方は「組織は役割分担で動いていて、リーダーだけでは成り立たない。フォロアーの仕事がどんなに意義のあるものか」ということを、自分の会社を例に取って具体的にお話ししてくださいました。相談をした生徒はそれを聞くと、すっきりとした顔をして「リーダーを輝かせることで、みんなのためになる仕事をしてみる」と言って帰って行きました。

 「一人ひとりに光を当てる」。これは、本校の理事長がしばしば口にする言葉です。先ほどの生徒は、人を輝かせる仕事をすることで、自分もまたその人とは違った輝きを発するようになりました。「太陽の光」があり、「月の光」がある。いろいろな輝き方があるのだと思います。また、昼と夜があるように、同じ一人の子でも輝く時もあれば輝かない時もあります。

 私自身が、まさにそうでした。学生の頃の私は何事にも飽きっぽく、モチベーションが低い子で、家でゴロゴロしていることも多かったのです。当時、仕事・子育て・親の世話という複数の仕事をこなし、“やる気のかたまり”のようだった母に、「あなたのように人生の時間を無駄にしている人は、見ているだけで嫌になる」と言われたこともありました。

 そんな私にスイッチが入ったのは、本校の副校長を務めていたその母が癌になり、「あと6カ月」と余命宣告された時でした。…皮肉なことに、母は“やる気のスイッチ”の入った私の姿をほとんど見ることなく他界しました。

 さて、話を「一人ひとりを輝かせる」に戻しましょう。

コメント12件コメント/レビュー

IT関連の仕事に携わり娘をもつ一人の父親として、漆先生の『女の子が幸せになる子育て』を早速拝読させて頂きました。「ネット社会から子供を守る」の項は、注記が幾つもあって回答を模索されているご様子が読み取れました。企業においても「ネット社会」へのモラル対応は歴史が浅い為、家庭のパソコンと企業で使うパソコンの違いを教える”躾”に苦労する日々です。ネット社会が普及しても、入社してくる新卒社員に対する”躾”はここ数年何ら変わっておらず本人に尋ねても、「そうした事は全く教わらなかった」、大学教授は、「大学は自身の研究重視の場」とのお答えで、成程、”躾”は入社後行なうものなのか・・・と一度は納得しました。でも、先生の著書を読み、遅くとも小学校の高学年、中学生までの時期に、”躾”を済ませておく必要がある・・・と思い直しました。公道を安心して歩け、クルマが往来できるのも、「交通ルール」と“躾”があるから成立するものであり、今や水道や電気、ガス等と同等に近い「ネットワークインフラ」に対し、いつの時代も基本となる「ルールの確立」と”躾”をテーマに勉学に進む、「心のスイッチ」が入りました。(2008/12/15)

「品川女子学院・漆 紫穂子校長の やる気を高め、人を育てる(秘)メソッド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

IT関連の仕事に携わり娘をもつ一人の父親として、漆先生の『女の子が幸せになる子育て』を早速拝読させて頂きました。「ネット社会から子供を守る」の項は、注記が幾つもあって回答を模索されているご様子が読み取れました。企業においても「ネット社会」へのモラル対応は歴史が浅い為、家庭のパソコンと企業で使うパソコンの違いを教える”躾”に苦労する日々です。ネット社会が普及しても、入社してくる新卒社員に対する”躾”はここ数年何ら変わっておらず本人に尋ねても、「そうした事は全く教わらなかった」、大学教授は、「大学は自身の研究重視の場」とのお答えで、成程、”躾”は入社後行なうものなのか・・・と一度は納得しました。でも、先生の著書を読み、遅くとも小学校の高学年、中学生までの時期に、”躾”を済ませておく必要がある・・・と思い直しました。公道を安心して歩け、クルマが往来できるのも、「交通ルール」と“躾”があるから成立するものであり、今や水道や電気、ガス等と同等に近い「ネットワークインフラ」に対し、いつの時代も基本となる「ルールの確立」と”躾”をテーマに勉学に進む、「心のスイッチ」が入りました。(2008/12/15)

漆先生のコラムを前回から拝見させて頂いていますが、今回のコラムでは、先生の やる気のスイッチが入ったきっかけが、お母様が癌で余命6ヶ月の宣告を受けた時だったとのこと、本当に感じ入りました。 それと、「いつもみんなから褒められる子より、褒められる機会の少ない子の気持ちの方が気になる」という元スイミングコーチの方のお話。 今回のお話も、我が家の息子たちの教育に、大きく役立てたいと思います。 品川女学院HPでのブログも良く拝見しますが、本当にまめに更新なさっていて、参考になるお話でかつ、会話体の ほのぼのする表現が、読んでいて本当にホっとします。ありがとう御座います。  44歳・エンジニア(2008/12/09)

コメント連投失礼。漆先生の、その包み込むような笑顔とやわらかい話し方、魅了されました。人格がにじみ出てます。私は会社人で男性(で中年)ですが、自社の若手~中堅どころの社員の能力引き出すために四苦八苦してますが、この笑顔を目指せばいい、全ての原点は良いコミュニケーションにある、と再確認できました。ありがとうございます。(2008/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長