• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「移動時間」を有効利用する

“拘束状態”で効率化、創造性をアップ

  • 西山 昭彦

バックナンバー

2008年12月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビジネスに効率性は不可欠だ。しかし、効率だけを求めるビジネスパーソンは、絶えず追い立てられているような慌ただしさにのまれて、いつか行き詰まり、疲れ果ててしまう。自分のヒューマンキャピタルを生き長らえさせるためには、効率と創造性をバランスよく取り入れることだ。

 創造性を高めるには、自由に思考を巡らせることが大切なので、時間と気持ちの余裕が必要だ。しかし、社内では雑務に追われてなかなか時間を作ることが難しい。そんな時に活用したいのが「移動時間」だ。

 今回は、移動時間を利用して効率と創造性をアップさせる方法を述べる。

「スキマ時間」の積み重ねで、効率を高める

 「アイデア出し」や「企画」など、創造性を求められる思考をするなら、静かなところで1人きりになって、ある程度の時間をかけて行う方がいい。

 「考える」という作業は、道具を使わず自分の身一つあればいいので、どこででもできる。しかし他の人と一緒の職場では、思わぬ邪魔も入りやすい。

 机の前で一生懸命アイデアを考えていたのに、電話がかかってきたり、同僚や上司に用を頼まれるなど、思考が中断させられることもある。また、思考を巡らせている時にはボーッとしているように見えるため、サボッていると思われたくないという心理も働く。

 忙しい人には、勤務中にまとまった時間を作り出すのも難しい。しかし、どれほど忙しいビジネスパーソンでも、1人になって考えごとができる時間がある。それが移動時間だ。

 ビジネスパーソンの移動は、次の3種類だ。
(1)行き帰りの通勤
(2)営業や外回りなど、他所への訪問
(3)出張

 (1)と(2)に関しては、日常の必須行為だ。この時間を有効に使えば、自分の仕事に効率と創造性をバランスよく取り入れることができる。

 移動中は、一種の“拘束状態”である。乗り物に乗ってしまえば、目的地に着くまではそこから逃げられない。その中でできることは、限られる。しかし、できることはある。

 まず、前回も述べた通り、資料を読んだり校正をするなど、デスクでしなくてもいい作業をこなして効率をアップすることができる。

 一方で、アイデアを考えるための格好のシンキングスペースにもなる。頭を働かせるだけなら道具はいらない。考えたことをあとで記録するための、小さなメモ用紙と筆記用具があれば十分だ。

 この時、はっきりとした課題を立てると考えに集中しやすい。例えば、新規開拓を狙っている顧客にどのような態度で接したらいいか、今日の会議で自分に提案できることはないか、明日提出する予定の資料の構成はどうするかなど、できるだけ明確な課題を決めることだ。

コメント0

「西山昭彦の“企業内プロ”の行動学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長