• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【2】「ワリカン女子」と「ごっつぁん女子」

「ラブホテルも割り勘OK」な女と「年収1000万でも男に奢られて当然」な女

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2008年12月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 デートでは、「ワリカン 50.2%」「男性のオゴり(自分も少しは出す)47.2%」「自分がオゴる 2.6%」。

 フリーマガジン「L25」が、20~34歳までの女性約1000人に実施した「デートでの食事の支払いについて」のアンケート結果です。今や、半数以上の女性が「デートではワリカン」なのですね。

「男が女に奢るのが当たり前」はもう過去のこと!?

 そして、私が取材してきた「女性のワリカンに関する意識」はこんな感じです。

 「デート代はワリカンでOK。できればクリスマスのデートと、普段のラブホテル代くらいは彼に払ってほしいけど、ワリカンでもまあ我慢する。自分の誕生日はもちろん奢ってほしいけど、彼の誕生日には私が彼に奢る」が、多くの20~30代女性。

 一方、バブル世代である40代女性の多くは、「デートのワリカンはイヤ。クリスマスのデートは豪華に、普段エッチする時は、ラブホテルなんてあり得ないから、彼の支払いでシティホテル。誕生日はもちろん豪華にしてもらうけど、彼の誕生日には、私が奢ってもらった分の『半返し』くらいかな?」。

 この連載では、40代から20代までを幅広く「平成女子」として考えていますが、この平成女子の間でも、バブル世代とその下の世代で大きく対立するのが「ワリカン」と「奢り」に関する考え方でしょう。

 そこで今回は「ワリカン女子」と「ごっつぁん女子」について考えてみます。

 「ごっつぁん」とは相撲用語で、「ありがとうございます」とか「ごちそうさまでした」という意味の隠語です。ここでは「男性に奢ってもらって当たり前、だって私は女性だから」と思っている女性を、「ごっつぁん女子」と名づけます。

 とくにバブル世代は「女性は奢ってもらって当たり前」という価値観を持っているので「ごっつぁん女子」になりやすく、下の世代は「奢ってもらってもちろんうれしいけど」、現実的に同世代の男性たちにはそんな余裕がないので「ワリカン女子」になりやすいのです(とはいえ、下の世代にもかなりの数の「ごっつぁん女子」はいますし、バブル世代の中にも、「ワリカン女子」はもちろんいます)。

 バブル世代の「ごっつぁん女子」の場合は、自分の年収が1000万円あっても、年収500万円の男性に奢ってもらわないと、「バカにしてる!」と怒ったりします。そればかりか、「ごっつぁん女子」は、連れて行かれた店が気に入らないと、「この私を連れて、こんな安そうな店に?」「デートに軽自動車で迎えに来るなんて、あり得ない」などと、それはそれは注文が多いのです。

 「居酒屋でプロポーズされた! あり得ない!」と大騒ぎする「ごっつぁん女子」もいます。

コメント24

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官