• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

結婚相手に「魂の伴侶」であってほしい米国人

日米「婚活」対談(2)オバマ氏も妻を「親友」と呼ぶ

2008年12月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 (前回から読む)

 インターネットマッチングサービスを提供する「マッチ・ドットコム」が、11月に開催した「日米《婚活》コンカツ対談」では、本連載の著者白河桃子さん(山田昌弘中央大学教授と共著で『「婚活」時代』を上梓)とハワイ大学教授の吉原真里さん(『ドット・コム・ラヴァーズ―ネットで出会うアメリカの女と男』を上梓)が対談。その様子を引き続きリポートする。

*     *     *     *     *

―― これまで、日米の恋愛、結婚事情をお聞きしてきましたが、実際にインターネットマッチングで結婚までいったお知り合いはいらっしゃいますか。吉原さんはいかがでしょうか。

本連載の著者白河桃子さん(左)とハワイ大学教授の吉原真里さん(写真:山田 愼二、以下同)

本連載の著者白河桃子さん(左)とハワイ大学教授の吉原真里さん(写真:山田 愼二、以下同)

吉原 一組は日本人同士ですが、ちょっと変わり種の国際的なカップルでした。男性は30歳ぐらいで単身で渡米して、起業して成功した人。女性はいわゆる帰国子女で、日本で仕事をしている芸術家。世界を飛び回っています。2人とも離婚歴がありました。

 お互いそんな経歴なので、「どちらかというと相手は日本人がいいけれど、普通のドメスティックな日本人ではなく、ある程度、国際的な視野や生活スタイルを持っている人がいい」と、それぞれ思っていた。それが、「マッチ・ドットコム」を通じて知り合って。

 男性は初めシカゴに、女性は日本に住んでいました。初めに会ったのは男性がデートのために東京に来て、会った途端とんとん拍子で結婚に至ったとのことで、今では2人は、ニューヨーク、ハワイと東京に拠点を置いて生活をしています。

 もう一組は、私の友人でユダヤ系の女性研究者です。彼女も「マッチ・ドットコム」で今の夫と出会いました。夫は軍医です。私は昨日、韓国から日本に来たのですが、韓国の学会で彼女と一緒でした。夫が軍隊に入っているため、転々といろいろなところに赴任して、今は韓国に赴任しているので彼女も一緒にソウルに住んでいると。

 やはり米国では母集団が多く、マッチングサイトを使っている人が多い分、成功例も多いとは思いますけどね。

―― 白河さんは、日本のマッチングサイトを利用している人を取材なさっていると思いますが、こうしたサービスに適している人と適していない人、というのはいるのでしょうか。

白河 いろいろな人が様々な方法で自分の魅力を発揮できる場所があればいいとは思っていますが、マッチングサイトに関していえば、インターネットに強い人、ネットを通じて魅力を発揮できる人がいるのは確かです。

 ただ、やはり結局は人と人とのコミュニケーションですから、メールのやり取りの間にうまくキャッチボールができるかどうかは、リアルな会話と一緒だと思うんです。

 それにしても、日本人は本当にはっきり言わないですね。吉原さんのご本を読むと、つき合っている相手に「僕は君のことをどう思っている」とか、「僕は君と結婚したい」「カジュアルなつき合いをしたい」とか、はっきり言っている。日本のカップルは、こういうことをはっきりしないままズルズルつき合って、結局別れてしまう例がすごく多いので。

コメント5

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長