• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第35回】何かと批判の多いアラフォーは、社会の「元気」の指標

  • 白河桃子

バックナンバー

2009年1月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年、2008年の流行語大賞の1つは「アラフォー(Around 40=35~45歳)」だった。世間的に見るとアラフォーと言われるのは女性であり、しかも男性目線ではかなり年季の入った女性のことである。つまり「世の中で決定権を持つ」人々にとっては、「女としては対象外」の女子のことだ。言葉としては10歳若い「アラサー(Around 30=25~35歳)」だって流行ったのに、なぜ今、アラフォーなのか?

 年末はアラフォーについてのインタビューを受けることが多かったので、アラフォーについて真剣に考える機会ができた。

 そもそもアラフォーとは、何ぞや…? 先に世の中に出た言葉は、「アラサー」の方だった。「GLITTER」という女性誌の取材を受けていたら、「アラサーという言葉を作ったのは私たちなんですよ」と言われた。アラフォーはその後にできた言葉だが、こちらは「AERA」編集部発という説もある。アラフォーは後発だが、勢いでアラサーを追い越した。

アラフォーはバブルの経験者

 アラフォーが35~45歳の女性を指す場合、1964~74年生まれということで、就職氷河期の初期の世代も含まれることになる。しかし私のイメージでは、やはりアラフォーを特色づけているのは「バブル経験者である」ということ。そうなると、就職氷河期の経験者は抜かして考えたい。

 もっと詳しく言えば、「バブルを知っている」だけでなく、林真理子さんが前にも言っていた「“自分の青春”と“日本の青春”が重なってしまった」人たちのことだ。

 私にとってのアラフォーとは、社会に出た時がバブル、または「会社の経費で領収書を切ることができる社会人とつき合い始めた年齢がバブル期」の女性たちのことを言う。女性の場合、年齢的には「バブル世代じゃないでしょ?」というくらい若い人でも、高校生のうちから社会人の男性とつき合って、めくるめく「バブル経験」をしていたりするから侮れないのだ。

 バブル期とは、社会全体にお金が潤沢に回っていて、その余波が地方や社会人1年生にまで及んでいた時期だ。女性たちは、男性に奢ってもらっていたのではなく、「社会」に奢ってもらっていたのだ。コンプライアンスの厳しい現在では信じられないかもしれないが、当時は会社の飲み会、合コン、プライベートのデートにまで、「領収書下さい」と言うのが当たり前という風潮があった。友人の中には、普通の商社のOLなのにいつもタクシー券を1冊持っている人がいた。課長の席から、自由に持っていってよかったのだそうだ。

 ちなみに、なぜアラフォーに男性を含めないかというと、当時のアラフォー世代の男性はまだ「ペーペー」で、「なかなかつかまらないタクシーを拾うために、いつも寒い銀座通りで震えていた」からだ。男性社会は年功序列だから、バブル期でも若い男性はあまりいい思いをしていない。バブル期にいい思いをしたのは、当時20代前後の女性とおじさんだけで、さらにバブルが崩壊しても「無傷」だったのは女性だけである。

コメント19件コメント/レビュー

実際にバブルを起こしたのはもっと上の世代であるし、当時「男は駆け出しで縁がなかった」とか書いてますが、充分男性だってオトクな扱いを受けてますよ。入社内定者に海外旅行だの新車プレゼント、などもこの時代ですよね。俺はそんな思いしてない!!という人がいたら、女性だって同じです。「私はそんなオイシイ思いしてないし」と。バブル情報の上っ面をなぞればそうなります。しかしこのいかにもわかりやすいバブルの「仮想敵」にアラフォー女性が標的になってるんでえしょうね。コメント欄を見ても、そういった情報に踊らされてる下の世代と思わしき人の恨み節が書かれてますが、それこそ「今の時代の空気」に流されまくってるなあ、としか思えません。攻撃しやすいもんなあ、「バブル女」って(笑)あの時代に良い思いをしたのはどの世代も共通で、むしろ恩恵には預かってない人の方が多い。その一部の中でも特に目立つ「女」が叩きやすいターゲットになっているのは非常滑稽です。(2009/01/15)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

実際にバブルを起こしたのはもっと上の世代であるし、当時「男は駆け出しで縁がなかった」とか書いてますが、充分男性だってオトクな扱いを受けてますよ。入社内定者に海外旅行だの新車プレゼント、などもこの時代ですよね。俺はそんな思いしてない!!という人がいたら、女性だって同じです。「私はそんなオイシイ思いしてないし」と。バブル情報の上っ面をなぞればそうなります。しかしこのいかにもわかりやすいバブルの「仮想敵」にアラフォー女性が標的になってるんでえしょうね。コメント欄を見ても、そういった情報に踊らされてる下の世代と思わしき人の恨み節が書かれてますが、それこそ「今の時代の空気」に流されまくってるなあ、としか思えません。攻撃しやすいもんなあ、「バブル女」って(笑)あの時代に良い思いをしたのはどの世代も共通で、むしろ恩恵には預かってない人の方が多い。その一部の中でも特に目立つ「女」が叩きやすいターゲットになっているのは非常滑稽です。(2009/01/15)

1967年生まれ アラフォーなんですが、まったく同意できません。社会がおごってくれたなんて???ディスコで踊ってた人もいるかもしれませんがそんなの一握りで、それを世代の代表としてほしくありません。学校にも近所にも会社にもそのような女性はいません。一流商社や都銀の一般職だけでは??そんなの0.1%以下ですよね。AERAに出てくる同世代女性も共感できない人がほとんどなんです。(2009/01/14)

33歳です。バブルを経験したアラフォーに「いいなあ、楽しそうで」という感想こそ抱きはすれ、嫌悪感や拒絶感はありません(やたらブランド志向な点は如何なものかと思ったりしますが)。コメントを拝見すると、下の世代(アラフォーと呼ばれていても氷河期を経験した人たちと、ロスジェネとかアラサーと呼ばれる人たち)の皆さんが嫌悪感を口にしているので、なんでそこまで嫌うのかがわからないなあと思います。実際にバブルがもの凄い勢いでやってきて、あっという間に崩壊してしまった原因を作ったのは、バブル期に新入社員だったこの人たちじゃなく、もっとオッサンの世代でしょ?白河さんのおっしゃるとおり、アラフォーの皆さんはいつも元気でスゲーなと思います。批判も多いけど、この人たちに元気がなかったら日本の元気な部分が皆無じゃないか思うので、こういう面白い人たちには頑張って欲しいです。(2009/01/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表