• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

30代、先の見えない女たち

崖っぷちではまる、「自分探し症候群」

  • 谷本 有香

バックナンバー

2009年1月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性、36歳。この年齢を世間では、どう受け止めるのだろうか。責任のある業務を任され、仕事が面白くなってくる頃。または、結婚して子育てが一番忙しい頃…。同じ36歳の印象を、男性に尋ねたら、おそらくほとんどの人が前者になるのではないか。  

 私はまさに今、この年齢である。私は2つの中では前者に当てはまるが、だからといって必ずしも自分を「職業人間」と言い切れる自信もない。できれば結婚して、願わくば子供も授かりたいと思う。しかし、その際には一時的に仕事から離れるかもしれないし、その場合は復帰が難しいかもしれない。  

 「あなたは今、何をしていますか?」と問われた時に、何と答えるのだろうか。「会社員」、それともライターなど、職業で答えるのか。または、「主婦」なのか、「妻」、「母」であると感じるのか。女性の顔は、いくつもある。   

自分の「ポジション」を探す女たち

 この年齢の女性は、今の私と同じように「自分がピタリと納まるポジション」はないものか、と探している。結婚や出産という女性特有のライフサイクルによって、それぞれのライフスタイルも変化していかなければならない中で、女性は常に社会の中での居場所を求めているのだ。

 これまで30歳のラインを超えようとする女性は、「家庭か仕事か」という二者択一を迫られていたように思う。それは本人が自主的に選ぶ選択肢というよりは、暗黙のうちに、会社や社会から突きつけられた「0か1か」のような選択だったかもしれない。  

 ただ、そのラインも少し上がっているようだ。もしかすると、人や企業によってはそのラインが35歳であったり、40歳または45歳であったりするのかもしれない。  

 また、選択の幅もわずかながら増えている。今までは「二者択一」だったが、「働きながら家事や子育てもする」というパターンもある。いずれにしても、職業を持つ女性にとって、この選択は遅かれ早かれ直面しなければならない大きな決断の1つである。  

 かつて、女性は総合職として採用されることは少なく、大半の女性は一般職として就職していた。1972年に男女雇用機会均等法が定められた後、法律的には男女の隔てなく、職が得やすくなったが、現実には多くの女性が一般職として就職していた。現在は、女性でも総合職にも就きやすくなり、一般職は減少傾向にあるとも言われるが、その一般職に代わって派遣社員が増加している。つまりいわゆる事務を担当している女性の総数は、ほとんど変わっていないのかもしれない。  

 先般、私が最初に所属していた会社の同期会が10年ぶりに行われた。女性陣は30人近く集まり近況をお互いに報告し合ったところ、次の2つに分かれたのだ。まず、結婚して主婦業をしている、または子育ての真っ最中というタイプ。そしてもう1つは、結婚せずに仕事に専念しているタイプである。  

 集まった女性の年齢は、33~36歳くらいの間。冒頭にも書いたように、仕事もちょうどあぶらの乗ってきた時期だし、子供がいればまだ小さくて手がかかる時期だから、仕事と育児の2つを両立している人が多くないだろうことは、容易に想像できる。しかし、1人もいないというのは、いささか疑問に思った。  

 私たちが最初に入社したのは元大手証券会社で、1990年代後半に倒産に追い込まれた。女性社員のほとんどは一般職採用で、総合職採用は2%くらいだったように思う。つまり会社が倒産した後の転職活動で、私たちの多くは、キャリアが一般職以外の何物でもなく、そこから総合職や専門職に就くのは、極めて困難な状況だった。  

 しかも、当時は金融不況。同業と言えるすべての金融機関はもちろん、社会全体の景気が冷え込み、とても人員を増やそうという環境ではない中、転職活動は困難を極めた。私たちはわずかな採用枠を狙って職を探した。そのような中で、景気の悪さと反比例して元気だったのが派遣業界。正社員としての枠をもらえず、派遣業に登録した女性も少なくなかった。

コメント8件コメント/レビュー

今現在29歳
後2ヶ月で30歳、未婚、貧困女子
小さな会社でも今のところで正社員をしていれば行き倒れる事はない。
でも、常にこのままで一生を終えていいのかという焦りでいっぱいです。
何かしなければという思いで語学を独学で学んだり、占いにはまってみたり。でも結局自分のやりたい事がみつかりません。
お金がない、自信がない、やりたいことがない、行動しない理由ばかり探してしまい、今の状態から抜け出せません。
行動すれば道は拓けるのか、でももし失敗したら?何度も転職を繰り返してしまうかも。
そんな不安な毎日です。
どうすれば正しい道を選べるのか。
できないのなら現状に満足すべきなのか。
悩みは尽きません。
皆さんはどうやって好きな仕事を見つけたのでしょうか?昔からやりたいことが決まっていましたか?(2017/05/25 21:02)

「働く女性のリアルリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今現在29歳
後2ヶ月で30歳、未婚、貧困女子
小さな会社でも今のところで正社員をしていれば行き倒れる事はない。
でも、常にこのままで一生を終えていいのかという焦りでいっぱいです。
何かしなければという思いで語学を独学で学んだり、占いにはまってみたり。でも結局自分のやりたい事がみつかりません。
お金がない、自信がない、やりたいことがない、行動しない理由ばかり探してしまい、今の状態から抜け出せません。
行動すれば道は拓けるのか、でももし失敗したら?何度も転職を繰り返してしまうかも。
そんな不安な毎日です。
どうすれば正しい道を選べるのか。
できないのなら現状に満足すべきなのか。
悩みは尽きません。
皆さんはどうやって好きな仕事を見つけたのでしょうか?昔からやりたいことが決まっていましたか?(2017/05/25 21:02)

33才独身バリバリ派です。新卒時に就職戦線からこぼれおちてしまったため、フリーター派遣と繋いで速効性スキルを辛うじて取得し何とか這い上がりました。やっと同世代平均年収に追いついた…ここまでが長かったです。資格は運転免許すら持っていませんが、語学からITまで実務スキルを幅広く身につけて来て、芸に助けられて何とか残った感じです。結婚出産は自分の人生には許可されてないものと考えています。精神的にも金銭的にも余裕が無いです。できる人がやってください、と思ってます。「やっと、自分でコントロールできる人生のステージに這い上がった!」気分で毎日楽しいです。ま、景気とか色々あるけれど、リストラもされたけど、また這い上がればよいことですし。習い事とかで自分探ししてられる人は余裕が感じられうらやましいことです…(皮肉ではありません)(2009/03/09)

32才です。夢はあるのに、現実がみえすぎて、現実をはねのけてゆくだけのパワーを持てない・・・その気持ちが痛いほど理解できます。そして三十代前半というのは、仕事にしても結婚にしても「ただ夢だけみてられる」最後の年代かもしれないと思いました。それを過ぎれば、じきに夢すら持てなくなってゆくのかと。そうなる前に、もっと積極的に行動してゆこうと思います。(2009/02/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員