• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農業の新しい形を目指す~PR会社からしいたけ農園へ

お茶としいたけの貫井園3代目 貫井香織さん(前編)

  • 白河桃子

バックナンバー

2009年1月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 西武池袋線で、池袋駅から急行で40分の入間市駅。ここから車で20分ほど走ると、雑木林の中にぽっかりと開いた空間がある。あまり光の差さない、ほの暗い場所。そこには1メートル弱の太い丸太が、整然と並んでいる。丸太はしいたけ菌を植える原木で、「ほだ木」と呼ばれる。

しいたけを収穫する貫井園3代目の貫井香織さん

しいたけを収穫する貫井園3代目の貫井香織さん(写真:皆木 優子、以下同)

 「ほだ木」の側面のあちこちに、めったに見られないほど肉厚で見事なしいたけが顔を出している。狭山茶と「原木しいたけ」を生産する貫井園3代目の跡取り娘、貫井香織さん(30歳)はこの場所を「山」と呼んでいる。

 「しいたけの収穫とお歳暮やお節用の出荷、来年の準備で、年末の今が一番忙しい時期なんですよ」。そう言って、立派に育ったしいたけの一つひとつを、丁寧にもぐようにして採る。モデルとしてテレビCMに出たこともある貫井さんは、スラリとした身のこなしで、ほだ木の間を身軽に歩き、黙々と作業を繰り返す。しいたけが、かご3~4杯になるまで1時間ほど収穫を続ける。

 取材をした12月末の時期は、毎日この「山」に入り、午前中の1~2時間をしいたけの収穫に費やす。雨が降ったらほだ木にビニールをかけ、やんだら外すなど、まめに温度の調整も行う。天候としいたけの状態によって、作業は毎日変化する。

 貫井さんは、東京の高輪台に住み、2007年まで会社勤めをしていた。2008年4月に、実家の営む貫井園に「就農」したのだ。

 「山」で収穫をした後に貫井さんが向かう場所は、「ハウス」のある作業場だ。父の義一さんと一緒に、ほだ木を水に浸す作業をする。このハウスはシステム化されていて、ハウスと水槽の間をレールが走り、鉄の棒に通したほだ木を手で運ばなくても移動できるようになっている。しかしレールが設置されているのはここだけで、後はすべて手作業。大ぶりのほだ木はとても重く、貫井さんの手では一度に1本しか運べない。

10日以上かけて、しいたけはこの大きさになる

10日以上かけて、しいたけはこの大きさになる

 「山」の中では、自然の温度差で10日間以上かけてしいたけを育てるが、人工的に温度を調整できるハウスでは1週間でしいたけが育つ。よく見ると、先ほど「山」で見たしいたけよりもちょっと小ぶりだ。「これは菌種が違うんです。ハウスでも贈答用のしいたけは育ちますが、山のしいたけこの時期だけの高級品です。ハウスの小ぶりのものは近所のスーパーに毎日卸しています」と貫井さん。

 毎朝6時起きでしいたけをパックして、9時までにジャスコに納めるのも貫井さんの仕事。ジャスコには「貫井園の原木しいたけ」のコーナーがある。年末は日に4回納品しても売り切れてしまうほど人気だ。「今日は取材だからお化粧していますが、すっぴんで納品に行くことも多いんです」と笑う。

 作業する場所は「山」が2カ所とハウスが2カ所、お茶畑と自宅兼店舗。この場所を一日中車で行き来しながら、365日が過ぎる。

 「農業は休みがない!」。就農してから気がついた。会社勤めの時代は、土日はゆっくり寝ていたのに…。最初は、右も左も分からず父について歩いた。

コメント3件コメント/レビュー

似たように恵まれた環境にありながら未だに宮仕えを続けている私とは違うと感じつつ、農業を楽しくできることに羨ましく感じます。ぜひ頑張ってほしいです。(2009/01/15)

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

似たように恵まれた環境にありながら未だに宮仕えを続けている私とは違うと感じつつ、農業を楽しくできることに羨ましく感じます。ぜひ頑張ってほしいです。(2009/01/15)

これまでの公共事業に代わってこれからの日本に必要な事業が農業だと思う。世界中であらゆるものの需要が減少する中で現状でも明らかに不足していてこれからも需要が増加してくるのが食料である。日本の農業政策は自民党の集票マシーンの農協的発想からなかなか脱しきれず、相も変わらず減反政策と三ちゃん農業に依存している。日本の食料自給率の低さと世界の食糧不足を考えた時どうして近代的な農業という事業に目を向けて働き手としての若者に魅力のある仕組みを作れないのかと思ってしまう。日本は戦後、まじめで研究熱心な創意工夫で世界に冠たる工業国となった。この日本人の持っている武器を農業にかければ世界から一目置かれる農業製品が生み出されることは間違いないと思う。工業製品で勝ち得た日本製に対する品質と信頼性はきっと農業製品においても得られると信じている。要は日本政府が本気で取り組む意思があるかどうかである。それまでは貫井さんのような個人に頼らざるを得ないことが情けないが貫井さんには三つの目標に向かってぜひ頑張ってほしいと心から思う。(2009/01/14)

 最近はテレビをつけても、雑誌を見ても、講演を聞きに言ってもよく「これからは農業の時代だ!」と声高に話す人をよく見かけます。でもそう言っている人たちに限って、農業経験のない「評論家」や「講師」の人ばかりで、説得力がまるでありませんでした。 しかし、こういう農業に従事している人が「楽しい・やりがいがある」と言っているのを見れば見るほど、農業はいいものだなと実感します。やはり現場の声が一番胸に届きますね。(2009/01/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長