• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【4】今は本当に嫌な世の中でしょうか?

物事を「否定」するのは簡単だけれど

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年1月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今は本当に嫌な世の中でしょうか?

 もちろん経済の状況は、日本も世界も厳しいでしょう。そして、今の不況を「100年に1度の不況だ!」という言い方もします。

 「100年に1度の不況」という言い回しが分かりやすいので、今や「100年に1度の危機の時代」であるとさえ言われています。しかしそうでしょうか?

本当に「100年に一度の危機」?

 例えば、日本の100年前といえば1909年です。1914年に第1次世界大戦が始まり、1939年に第2次世界大戦が始まり、1945年には原爆が投下され、多くの人命を失って、日本は敗戦を迎えました。

 100年より少し前ですが、日清戦争(1894年)・日露戦争(1904年)もあったのです。明治・大正・昭和という日本の近代の中で、4つの大きな戦争を経てきたわけですが、それよりも「今」は本当に大変なのでしょうか?

 こういう問いかけをすると必ず、「いや、今はある意味では、第2次世界大戦より大変な時期かもしれない」と言う人がいますが、それは、「気の利いたことを言ったり、視点の違うことを言ったりしてみたいだけ」に過ぎません(「このコラムだってそうじゃないか」と言われると、返す言葉もないのですが)。

 「100年に1度の危機の時代」というのも同様です。少なくとも日本では、この100年で世の中は良くなってきています。他国では、この100年の間に朝鮮戦争がありベトナム戦争があり湾岸戦争があり9・11テロがあり、今現在も戦争や内紛の起こっている国があるけれど、日本では1945年以来、戦争が起こっていないのですから。

それって「言いたいだけ」じゃない?

 今は大変な時期ではありますが、今が「本当に嫌な世の中」で「100年来なかったような嫌な世の中」で「何も希望がない」という言い方をしても、いいことは何もありません。

 こういうことを言いたがる人は「オレは分かってる」と言いたいだけなのです。それに踊らされてはいけません。

 先日、ご高齢の作家お2人が、「私たちが生きてきて、今が一番嫌な時代だ」と対談で話していて驚きました。第2次世界大戦を経験しているのにもかかわらず、そんなことを言うのは作家ならではのレトリックかもしれませんが。

 本当に、第2次世界大戦の時よりも、今の方が嫌な時代でしょうか。もちろん高齢者の多くは「戦争の時代よりも今の方がいい」とおっしゃっていますが。

 「でもニュースでは、不況や嫌なニュースのことばかり取り上げる」ように思うでしょう。

 しかし、ニュースというのは「嫌なもの」「目立っているもの」「変わっているもの」を多く取り上げがちなものです。

コメント36件コメント/レビュー

ある本で、「アメリカの政治家は希望を語り、日本の政治家は危機を叫ぶ。文化の違いだ」と言うのがありました。日本のマスコミは、悪意を持って世論を悪いほうへ引っ張っています。日本のテレビ、新聞のニュースを見ずに、ネットで事実だけ確認しましょう。戦後生まれの日本人は、すべて甘やかされたぼっちゃん、嬢ちゃんです。60歳以下の日本人は、ひどい目にあっておらず、わずかな逆境にもあたふたします。世代を追って悪化しています。今の小学生の親は、戦前の子どもより精神的に幼いのです。(2009/01/29)

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ある本で、「アメリカの政治家は希望を語り、日本の政治家は危機を叫ぶ。文化の違いだ」と言うのがありました。日本のマスコミは、悪意を持って世論を悪いほうへ引っ張っています。日本のテレビ、新聞のニュースを見ずに、ネットで事実だけ確認しましょう。戦後生まれの日本人は、すべて甘やかされたぼっちゃん、嬢ちゃんです。60歳以下の日本人は、ひどい目にあっておらず、わずかな逆境にもあたふたします。世代を追って悪化しています。今の小学生の親は、戦前の子どもより精神的に幼いのです。(2009/01/29)

今が不幸でも、将来豊かになると思える時代から、今は幸福でも、将来はだんだん悪くなると信じられる時代になったことが大きい。今の若者よ、希望を持てと言いたい。先輩や親たちの世代は、もっと苦労していたし、ものがなかったのだ。将来を浴するのも悪くするのも、若者しだいである。(2009/01/29)

進歩という言葉を、社会に対して使うことは、実は難しい。同じ変化を、ある人は進歩と呼び、ある人は反動と呼ぶ。価値観、ものの見方で違う。したがって、科学は進歩するが、社会に進歩を使うべきではないと思う。社会は進歩するものだと言うのは、確かにマルクスにつながる、古い科学信仰観を伴う一つのイデオロギーである。社会に歴史的に正しい進歩などない。歴史は生きている人間がつくるものである。将来は「進歩的」な社会になるなんて、信用できない。(2009/01/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表