• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

無農薬、直販の原木しいたけを世界に広めたい

お茶としいたけの貫井園3代目 貫井香織さん(後編)

  • 白河桃子

バックナンバー

2009年1月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 (前編から読む)

 今、農業に熱い視線が集まっている。

 1月17日付の日経新聞によれば、製造業などの雇用削減を受けて「地方自治体や関係団体による第一次産業への就業相談会が盛況」ということだ。農林水産業に特化した求人サイト「第一次産業ネット」は約90件の求人に対して5000人の登録があるという。

 パソナグループも2008年秋から「農業ベンチャー支援制度」を立ち上げているが、大手町のパソナグループの地下2階で農業をやっているのだ。水耕栽培や人口光の実験的な施設があり、見学者を受け入れている。Agri-MBA農業ビジネススクール農援隊も、2007年から始まっている。

貫井園3代目の貫井香織さん

貫井園3代目の貫井香織さん(写真:皆木 優子、以下同)

 お茶としいたけの貫井園3代目の跡取り娘、貫井香織さんも、「実際に農業をやってみると、農業が危機というのは本当なのかと思うほど、若い生産者にたくさん会うんですよ」と言う。「もっと農業に関連のない人生を送ってきた人が、職業として農業を選択できるような環境、制度、イメージ作りが必要だ」とブログにも書いている。

 4月に就農した貫井さんは、恵比寿ファーマーズマーケットで「農家のこせがれネットワーク」の仲間たちと出会った。恵比寿ファーマーズマーケットは、NPO法人(特定非営利活動法人)「日本アグリデザイン評議会」や、服飾デザイン専門学校などで有名なバンタングループが主催している。

 最近は、おしゃれな場所で生産者と消費者を直接結びつけるファーマーズマーケットが盛んだ。貫井さんは2008年10月にも三菱地所が主催した「丸の内Liveマルシェー丸の内を変えれば日本が変わる!自給率1%UP運動」というイベントにも参加しているが、食や農業への関心の高まりは、このようなイベントが増えていることでもよく分かる。

 貫井さんは今、「農家のこせがれネットワーク」のメンバーとなり、広報担当の一員となっている。「農家のこせがれネットワーク」は現在、NPO法人化に際して発起人を募集中だ。

コメント3

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック