• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【5】本当に大事だと思うものに、お金を出そう

お金を使うことで、好きなものを守り、支持の表明にもなる

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年1月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「不景気なので節約している」と言う人は多いでしょう。お金は大事に使うべきですし、無駄なお金は使わない方がいいのも当たり前です。

 しかしむやみに節約するのではなく、「大事なものにはお金を使う」ことも、重要なことです。「お金を使わないと経済が回らない」というだけではなく、お金を使わないと自分の大事なものを守ることができないからです。

本やソフトは「節約」されがち

 私は単行本の編集者を20年やっています。会社員時代には、パソコンのソフトウエアの会社にいたこともあります。そこで感じていたのが、読者やユーザーはハードウエアにお金を払うことは仕方ないと思っていても、ソフトウエアにお金を払うことは嫌だなと思っている、ということでした。例えば、20万円のパソコンは買っても、1万円のソフトはなかなか買いません。

 ソフトウエア会社にいた頃には、友人や知人がよく「ソフトをコピーさせて」と言ってきたものですが、「うちの会社はこれで食べてるし、そもそもソフトのコピーは著作権法違反だから」と断ると、「まじめ」「けち」という反応がほとんどでした。

 本も同様で、雑誌やテレビの情報番組で「節約」というテーマになると必ず、「本は図書館で借りる」とか「新古書店で探す」という話になります。

 パソコンやテレビなどのハードは、借りたりコピーしたりすることができませんから買わなければならない。だからせめて本やソフトは借りたりコピーしたりして節約したいという気持ちは分かりますが、皆が借りたりコピーしたりしていたら、そもそもソフトや本を作ること自体ができなくなります。

読者が経費のすべてを負担する単行本

 私が単行本の編集者をやろうと思った大きな理由は、単行本は「誰が費用を負担しているか」が、とても明確な商品だったからです。

 単行本の値段は、決して安いものではありません。それは読者(つまり消費者)が、「単行本を作る経費のすべてを負担している」価格だからです。

 著者の印税も、デザイン料も、スタッフのギャラも、用紙代も、印刷代も、新聞などに打つ広告料も、書店や取次の取り分も、すべてを読者が負担するのが単行本の仕組みです。

 これを「ビジネスモデルとしては古い」と指摘する人もいますが、「すべての経費を負担する読者のことだけを考えて作る」ところが、単行本というメディアのよいところだと思うのです。

コメント8

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授