• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【10】「干物女」と「ステキ女子」

マンガ「ホタルノヒカリ」に見る新しい女性像

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年2月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は「モテない系女子」「猛禽女子」に続き、マンガやエッセイで話題になった女子を取り上げます。

 「ホタルノヒカリ」という少女マンガ(ひうらさとる著、講談社「Kiss」で2004年から現在も連載中、コミックスも刊行)があります。綾瀬はるかの主演で2007年にテレビドラマにもなったので、ご存じの方もいるでしょう。マンガもドラマも面白いので、機会があればご覧いただきたいと思います。

 ここに出てくるのが「干物女(ひものおんな)」と「ステキ女子」です。「干物女」は「女子」とすら呼んでもらえていないところがポイントです。この連載では、いつもは「○○女子」と紹介しますが、今回は原作通り「干物女」として紹介します。

 主人公の雨宮蛍は20代のOL。会社ではきちんとしていますが、家に帰ればジャージにちょんまげアタマ、そしてごろごろしながらビールを飲むのが楽しみ。彼氏は何年もいなくて、私生活が干からびてしまった「干物女」。

 この蛍が、久しぶりに恋をするものの、「干物女」を上手に卒業できないし、彼にもそんな自分を知られたくなくて…という話です。

意地悪もしないし優しい「ステキ女子」像

 その「干物女」の恋のライバルが、いつもステキにしていて、誰にでも気が使える「ステキ女子」です。ドラマでは国仲涼子が演じていました。

 この作品の非常に面白かったところは、「ステキ女子」の描かれ方でした。

 今までのマンガやドラマだと、「干物女」タイプはダメなところも含めて最終的には、イケメン男子に愛されてつき合えるようになります。一方で「ステキ女子」タイプは、美人ではあっても意地が悪いとか、お金持ちで人の心が分からないとか、人を差別するとか、マイナスポイントがあるものとして描かれがちでした。

 ところがこの作品の「ステキ女子」は、本当にステキなんです。ちゃんと優しいし、恋のライバルだからといって意地悪をするわけでもなくフェアです。

 少女マンガの世界では40~50年前から、「お金持ちで美人だけど意地悪なお嬢さんが貧しいヒロインをいじめるけれど、いつかヒロインを救うヒーローが現れる」という物語がずっと続いてきました(美人で才能があるのに意地悪じゃなかったのは、「ガラスの仮面」の姫川亜弓くらいです)。

 これはドラマの世界にも引き継がれ、今でもこういう物語構造のマンガやドラマは作られています。

 つまり、「お金持ちで美人の彼女よりも、平凡でつまらない私の魅力を分かってくれる彼」という物語は、女性にとって気持ちのいい幻想なのです。

コメント7

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長