• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【12】「賞味期限女子」と「女装女子」

「女を捨てる」のを恐れるか、「女を装う」のを楽しむか

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年3月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「人は女に生まれるのではない。女になるのだ」

 フランスの女性作家シモーヌ・ド・ボーヴォワールが著書の『第二の性』で書いた有名な言葉です。

 確かに「女性になるために」、そして「女性でいるために」、必要な条件はとても多いものです。

 ファッション、下着、メイク、立ち居振る舞い、話し方、気遣いとか気配り、生活態度(部屋がきれいだとか、料理がうまいとか)――など数多くの条件を満たすことで、「女」になれて、「女」でいられるのです。

 「女」という条件を巡って、それに振り回される「賞味期限女子」で、それをなんとか面白がろうとするのが「女装女子」なのです。

「女」は捨てようとしても、捨てられない

 「賞味期限女子」は「いつまでも女でいたい」し、「女として輝いていたい」から、「女として終わりたくない」と、「女の賞味期限」を恐れ、それに振り回されます。

 一方「女装女子」は、女でありながら“女装”することで、女らしさを面白がろうとしているのです。

 「賞味期限女子」たちの口癖は「女を捨てたらおしまいだよね」「いつまでも女として輝きたい」です。

 「いい男がいない」「出会いがない」「面白いことない?」と同様に、「もうそれを言うのはやめようよ」と私は思ってしまうのですが。

 例えば女性同士で「私がウエストがゴムのスカートをはくようになったら指摘して」などと言い合うのも、よくあることです。ゴムのスカートをはくようになったら、自分の体形やファッションに気を使わないオバサンになって「女を降りてしまう」と思っているからです。

 そして、部屋を片づけられない女性がいると、「女を捨ててるなあ」と評価してしまうのです。

 「女を捨てる」「女を降りる」「女を諦める」というのは女性同士の相互監視の結果でもあるのです。

 しかし、女は捨てようとして捨てられるものではありません(性同一性障害などでない限り)。
 
 女を捨てたら男になる、というわけでもありません。

コメント13

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授