• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【12】「力」よりも「術」を身につけよう

バランスを取った対処法を覚える

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年3月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「~力(りょく)」「~する力(ちから)」という言葉をタイトルにした本がたくさん出ています。例えば『鈍感力』(渡辺淳一、集英社)、『断る力』(勝間和代、文春新書)などは近年のベストセラーです。「地頭力」という言葉のついた本も多く出ています。ほかにも、「人間力」「女子力」などという言葉もよく聞きます。

 「~力(りょく)」、または「~する力(ちから)」のついた言葉の面白い例は、赤瀬川原平さんが1998年に同題の著書で提唱した「老人力」です。

 「老人力」とは、本書の紹介によれば「物忘れ、繰り言、ため息等、従来ぼけ、ヨイヨイ、耄碌として忌避されてきた現象に潜むとされる未知の力」のことです。

 つまり著者の意図は、老人になってぼけたり物忘れが増えたりすることが面白いから、それを「老人力」と名づけて歳を取るのを面白がろう、という意味の言葉だったのです。

 しかしこれが流行語になったために、「力」の意味が曲解されるようになりました。新聞の投書欄には「老人力でゲートボールを張り切ってます!」「老人力で地域の子供のために横断歩道で誘導してます」などという投書が増え、「老いてますます盛ん、老人になってもますます頑張ろう」という文脈で使われるようになってしまったのです。

 もともとの意味とは逆の意味で流通するようになってしまったのですね。

「力」は敗者ありきの考え方

 つまり、「力」というと「よいこと」「前向き」「ポジティブ」というイメージになりがちなのです。

 ですから「~力」「~する力」という本が売れますし、例えば「人間力をつけなきゃ」「女子力をつけなきゃ」「地頭力をつけなきゃ」「交渉力をつけなきゃ」と、思ってしまうのです。

 「力」というタイトルの本を読もうと思うのは、「ひとり勝ちしたい」という欲望があるからかもしれません。

 他人を出し抜くために力をつけたい。「自分だけが交渉力をつけて勝ちたい」「自分だけが人間力をつけて人に先んじたい」という思いがあるのです。

 これは、自分のほかに負ける人がいなければ成り立たない考え方で、「弱い人ありきの強さ」と言えるかもしれません。

 そして「力」は手に入れると、用がなくても使ってみたくなるものです。例えば、私もそうだったのですが、長く仕事をしてきて少し交渉力がつくと、それを試すためだけに無駄な交渉をしたりします。

 「力」はこのように、人を出し抜いたり、人を巻き込んだりするものになりがちで、扱いが難しいものなのです。

 そもそも、自分に足りない部分があると気づいた時、人はマイナスをプラスに転じさせようとします。

コメント6件コメント/レビュー

「楽しむ」と「面白がる」のときと同様,同じといえば同じことで,言われなくてもこういうふうに頭の中で自動的に変換して無理なく日常の仕事や生活を運んでいる人も多いと思いますが,こういうちょっとしたニュアンスに引きずられてしまう人も多いでしょう。「目からウロコ」とまではいいませんが共感です。(2009/03/30)

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「楽しむ」と「面白がる」のときと同様,同じといえば同じことで,言われなくてもこういうふうに頭の中で自動的に変換して無理なく日常の仕事や生活を運んでいる人も多いと思いますが,こういうちょっとしたニュアンスに引きずられてしまう人も多いでしょう。「目からウロコ」とまではいいませんが共感です。(2009/03/30)

「なになに力」というのは、日本語的におかしいものが多い。語彙が貧困な人が考えたのか、語彙が貧困な人向けのものだと思う。「なになに術」にしても、なんだか腑に落ちない。力とか術などの言葉に固執するのが文系なのだなあ。理系は「力」というと重力とか電磁力を思い浮かべるが、文系は暴力、権力、戦力などを思い浮かべるようだ。まったく話がかみ合わない。柔術が柔道に、剣術が剣道になったように、古きよき「なになに道」にしたらどうかな。(2009/03/16)

「~力」と「~術」というのは野球でいうところの「基礎体力」と「バッティングもしくはピッチング技術」に似ていると思います。どちらか一方で成り立つものではなく、両方のバランスで成り立つような。例えば、学校を卒業したばかりの新人が入社した場合、全てが合理的で理論でなりたつ「術」だけを教え込むか、というのではなく、つらい思いをしようといたい思いをしようと根性論で進める「力」を身に着けなければならない面が必ずあるよう思われます。一定の基礎体力がついた場合、その後も根性論で行くのは企業の教育の怠慢だとは思うし、「術」を身に着ける必要があるとは思いますが。(2009/03/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長