• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タクシー乗務員が、仕事に誇りを持てるように

湯江タクシー3代目社長 内田輝美さん(後編)

2009年3月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前編から読む)

 どうしたら社員が乗務員という仕事に誇りを持ち、私自身、タクシー会社の経営に前向きな気持ちで取り組めるのか――。湯江タクシー社長に就任してから10年間、内田輝美は考え続けた。その結果、内田の頭に浮かんだのが「子育てタクシー」だった。

湯江タクシーの内田輝美社長

湯江タクシーの内田輝美社長
(写真:山田 愼二)

 「急用が入った時、子供の送迎を頼める人がいない」「子供を狙った犯罪が増え、塾から1人で帰宅させるのが心配」といった友人の声がヒントになった。内田自身、2人の子供の母親であり、子育ての途中で同じような思いしたことが何度もあった。

 「忙しい母親に代わって、子供を送り迎えするサービスを打ち出したらどうだろう。小さな子供がいる家庭には、間違いなく喜ばれるはずだ。人は誰かに必要とされれば、やりがいを感じるというから、これが乗務員のやる気につながるかもしれない。小さなことかもしれないけれど、会社が変わるきっかけになるかもしれない」

 内田が長い間抱えてきた悩みに、光が差してきた瞬間だった。

 子供の送迎のみならず、赤ちゃん連れの客のためベビーカーの積み下ろしを率先して手伝うなど、タクシー会社として地域の子育て家庭を様々な角度から支援する。そんな「子育てタクシー」サービスを形にするべく、内田は早速動き出した。

乗務員も保育園も、最初は「子育てタクシー」に懐疑的だった

 まず、一番の難題は乗務員の理解を得ることだった。

湯江タクシーには、チャイルドシートの準備もある

湯江タクシーには、チャイルドシートの準備もある(写真:山田 愼二)

 内田が話を持ちかけた時、乗務員はいい顔をしなかった。子育てタクシーは、子供を玄関先まで迎えに行ったりするため、当然のことながら、通常の乗車より手間がかかる。しかし内田は、経済的に豊かとは言えない家庭にもサービスを利用してもらおうと、特別な追加料金は取らないことに決めた。乗務員の中には、「納得できない」という空気が広がった。

 さらに、子供の1人客を円滑に送迎するため、乗務員が2時間の保育園実習を受けてはどうか、と内田が提案すると、一部のドライバーは「そんなことまでするのか」と絶句したという。それでも内田はあきらめず、乗務員を粘り強く説得した。

 子育てを済ませた中高年乗務員の多くは普段、小さい子供と接する機会が少ない。それだけに実習の当日、多くの乗務員は渋い表情で保育園を訪れた。しかし、時間が経つに連れ、次第に子供たちと楽しそうに遊び始めるようになる。

コメント6

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

「タクシー乗務員が、仕事に誇りを持てるように」の著者

荻島 央江

荻島 央江(おぎしま・ひさえ)

フリーランスライター

2002年からフリーランスライターとして活動。現在は「日経トップリーダー」や「日経メディカルオンライン」などに執筆。著名経営者へのインタビューや中小企業のルポを得意とする。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員