• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【13】嫌な経験は「気づき」にするより「ネタ」にしよう

トラブル経験は、他人に笑ってもらえる芸にする

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年3月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「気づき」という言葉を、最近よく聞くようになりました。

 教育の現場から生まれた言葉のようです。例えば、「子供たちに気づきを与える」といった使い方をします。また、スピリチュアルな世界でもよく使われています。

 「気づき」という言葉には、「自分の中に既に何かがある」という前提があり、自分の中にあった「何か」に何らかの経験を通して気づくこととして使われています。

「気づき」で「本当の私」が見つかるか

 例えば親が答えを与えず、子供にはまず自分で考えさせて「気づきを与える」。確かによいことのような気がします。

 しかし「親が答えを与えない」と言いながら、「気づき」という答えは期待しているということで、実は答えを与えるのと変わらないのかもしれません。そもそも、親が思いも寄らないような、すっとんきょうな発想を子供がしたとしても、「気づき」とは言われません。

 つまり「気づき」は「いいこと」でなければいけなくて、それは「本当の私」を発見できるという幻想につながっています。

 これは「自分探し」とも似ています(参考記事はこちら)。自分の中には本来、「素晴らしい私」や「素晴らしい考え」があって、それが「気づき」によって探せるという考え方です。

 しかしこういう「本当の素晴らしい自分に気づくこと」「自分を探すこと」を続けると、疲れてしまうものです。

 経験の中から「気づき」を探すよりも、自分の様々な経験を「ネタ」や「芸」にしてしまう方が面白いと思います。

 「気づき」には、「この経験でこんな“気づき”があった」と誰かに話して「褒められたい」という欲望があります。例えば仕事でトラブルがあった時に「今回のトラブルを経験して“気づき”がありました。大切なのは、自分から歩み寄ることだったのです」などと発表して、「なるほど!」「さすが」と褒められたいのです。

 しかしそんなに「気づき」を探すのも、疲れるものです。

コメント9

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO