• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【13】嫌な経験は「気づき」にするより「ネタ」にしよう

トラブル経験は、他人に笑ってもらえる芸にする

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年3月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「気づき」という言葉を、最近よく聞くようになりました。

 教育の現場から生まれた言葉のようです。例えば、「子供たちに気づきを与える」といった使い方をします。また、スピリチュアルな世界でもよく使われています。

 「気づき」という言葉には、「自分の中に既に何かがある」という前提があり、自分の中にあった「何か」に何らかの経験を通して気づくこととして使われています。

「気づき」で「本当の私」が見つかるか

 例えば親が答えを与えず、子供にはまず自分で考えさせて「気づきを与える」。確かによいことのような気がします。

 しかし「親が答えを与えない」と言いながら、「気づき」という答えは期待しているということで、実は答えを与えるのと変わらないのかもしれません。そもそも、親が思いも寄らないような、すっとんきょうな発想を子供がしたとしても、「気づき」とは言われません。

 つまり「気づき」は「いいこと」でなければいけなくて、それは「本当の私」を発見できるという幻想につながっています。

 これは「自分探し」とも似ています(参考記事はこちら)。自分の中には本来、「素晴らしい私」や「素晴らしい考え」があって、それが「気づき」によって探せるという考え方です。

 しかしこういう「本当の素晴らしい自分に気づくこと」「自分を探すこと」を続けると、疲れてしまうものです。

 経験の中から「気づき」を探すよりも、自分の様々な経験を「ネタ」や「芸」にしてしまう方が面白いと思います。

 「気づき」には、「この経験でこんな“気づき”があった」と誰かに話して「褒められたい」という欲望があります。例えば仕事でトラブルがあった時に「今回のトラブルを経験して“気づき”がありました。大切なのは、自分から歩み寄ることだったのです」などと発表して、「なるほど!」「さすが」と褒められたいのです。

 しかしそんなに「気づき」を探すのも、疲れるものです。

コメント9件コメント/レビュー

深く共感できる記事です。というか、ようやくこういうことをおおっぴらに書く人が出てきたか、といった感じですね。社会人を10年ほどやっていますが、新人当時から、周りの“上昇志向”の強い人ほどグチが多かったり他人に対して不寛容だったりする様があさましく思えてなりませんでした。イヤな上司やイヤな出来事があった場合、それを「ホットなネタ」としてグチるだけでは、本人はそれで少しは気が晴れるかもしれませんが、それを聞かされる方は決して面白くもなんともありません。それに、本気でグチっている相手に対して冷静に「いや、課長の言うこともある意味もっともじゃない?」などという意見はあったとしてもなかなか言い出せず、つい「そうだよねー、あるよねー」などと無責任な相手への同意を強要されるのも、はっきり言って迷惑でした。私自身は、たとえグチりたくなるようなイヤな出来事があったとしても、それで笑いを取れる自信がないうちは人には話しませんでしたね。本記事のスタンスと同じだと思います。逆に言えば、たとえそれが「生傷」であったとしても、瞬時に「あ、これはこういうネタになる」と思いついた場合はその日のうちにでも披露してましたが。なお、上で「上昇志向の強い人」と書きましたが、その大半が「自分探し」という言葉に共感を覚える人のように思います。そこで当時から、ある人がそういう人かどうかを判断する方法として、「自分探し」という言葉をどう思うか、という質問に対してどう反応するか、を見極める「“自分探し”フィルタ」を行なって、自分探しに熱心な人からは少し距離を置くようにしていました。今でもやってますが、なかなか有効な方法なのでおためしを。(2009/04/13)

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

深く共感できる記事です。というか、ようやくこういうことをおおっぴらに書く人が出てきたか、といった感じですね。社会人を10年ほどやっていますが、新人当時から、周りの“上昇志向”の強い人ほどグチが多かったり他人に対して不寛容だったりする様があさましく思えてなりませんでした。イヤな上司やイヤな出来事があった場合、それを「ホットなネタ」としてグチるだけでは、本人はそれで少しは気が晴れるかもしれませんが、それを聞かされる方は決して面白くもなんともありません。それに、本気でグチっている相手に対して冷静に「いや、課長の言うこともある意味もっともじゃない?」などという意見はあったとしてもなかなか言い出せず、つい「そうだよねー、あるよねー」などと無責任な相手への同意を強要されるのも、はっきり言って迷惑でした。私自身は、たとえグチりたくなるようなイヤな出来事があったとしても、それで笑いを取れる自信がないうちは人には話しませんでしたね。本記事のスタンスと同じだと思います。逆に言えば、たとえそれが「生傷」であったとしても、瞬時に「あ、これはこういうネタになる」と思いついた場合はその日のうちにでも披露してましたが。なお、上で「上昇志向の強い人」と書きましたが、その大半が「自分探し」という言葉に共感を覚える人のように思います。そこで当時から、ある人がそういう人かどうかを判断する方法として、「自分探し」という言葉をどう思うか、という質問に対してどう反応するか、を見極める「“自分探し”フィルタ」を行なって、自分探しに熱心な人からは少し距離を置くようにしていました。今でもやってますが、なかなか有効な方法なのでおためしを。(2009/04/13)

あまり「気づき教」みたいに気づきを披露されたり求められた記憶がないので,アンチテーゼとして読もうとするとあまり私とは関わりのない記事だったりするのですが,ネタの話についてはなるほどなと思いました。もともとそのままネタになるような話しかネタにすることはなかったので(仕事での移動中に信号無視トラックにぶつけられそうになったとか),生傷を昇華して笑いにする,ですか。なるほど…。でも,実際にやろうとすると,聞く方からしても痛い話になってしまいそうなことばかり思い浮かんでしまう…難しいですねw(2009/03/30)

「気づき」も「自分探し」も、あるいは「見える化」なんかもビジネス本でもてはやされてるけど、うさんくさい言葉ですよね。バカな学生やサラリーマンをだましてその気にさせるだけの言葉なのに、こんなのを本気で使っている人がけっこういるんだから笑ってしまう。こんなのには乗せられないのが一番ですよね。(2009/03/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授