• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

40歳の母親が覗き見たバーチャル世界

  • 北湯口ゆかり

バックナンバー

2009年3月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 野中アミ、40歳。仕事は、フリーランスのライター兼編集者。中学生の男の子の母親でもある。

 コンピューター関係の雑誌や書籍の執筆を手がけることもあり、普段からパソコンやインターネットざんまいの毎日だ。メールはもちろん、仕事の合間にホームページを作成したり、ネットで動画や音楽をダウンロードするなど、手当たり次第に活用してきた。

 好奇心も旺盛で、新しいデジカメや携帯電話が出るとすぐに買って使いこなすくらいだから、IT(情報技術)機器に対するアレルギーも、もちろんない。

 そんな野中アミが、これまで一度も試したことがなかったもの。それが、オンラインゲーム(ネットゲーム)だった…。

 皆さんは、オンラインゲーム(ネットゲーム)をご存じだろうか。家庭で遊ぶゲーム機の代表格は、任天堂のWii(ウィー)、ニンテンドーDS、またソニー・コンピュータエンターテイメント(SCE)のプレイステーションなどがある。これらはたいてい自分1人か、そばにいる人と一緒に遊ぶものだ。

 しかしオンラインゲームが家庭用ゲームと大きく異なるのは、パソコンや通信機能付きのゲームを利用してインターネットにつなぎ、知らない人と一緒にプレーできることだ。そこは自分を中心とした「閉じた空間」ではない。会ったこともない大勢の人たちが、ネット上のバーチャル世界の中で「生きて」いる。

 今回から、オンラインゲームにはまった人々を題材に、ネット上で織り成される人間模様について紹介していきたい。人はいかにして、オンラインゲームにはまるのか…?

ネット上の見知らぬ仲間と一緒に冒険し、戦う

 ゲームの人気ジャンルの1つに、Role-Playing Game(ロールプレイングゲーム=RPG)がある。ゲーム内に設定された世界の中で、特定の役割を演じるもので、家庭用ゲームでは「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などが知られている。

 たいていの場合ゲームの主人公は勇者として、剣や魔法で敵を倒しながら経験値を獲得し、強くなっていく。最後には、世界に平和を取り戻すというパターンも多い。

 オンラインゲームにも、この手のRPGはたくさん存在するが、MMOPRG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)というジャンルがある。これは多人数が同時に参加できる、ネット上のRPGだ。ネットを通じて知らない者同士が話をしたり、一緒に戦ったりする。

(イラスト:佐藤 末摘)

コメント10件コメント/レビュー

12年前のUltima Online に始まり、海外3本、国内2本のオンラインゲーム(すべて月額課金制)を渡り歩いた筋金入り(?)のオンラインゲーマーですが、プレイスタイルは成長をあせらないいわゆる『まったりプレイ』を貫いています。そのせいでプレイ歴の長さほどキャラが強くないのも事実です。現在は国内2本と海外1本(下のコメントにも出たEVE-Online)をプレイしていますが、仕事も妻子もある身なので、週の平均プレイ時間は1桁です。無料ゲームは未知の世界なので、RMTの話とかPKの話など「ダークサイド」にどこまで踏み込むのか注目してます。(2009/04/07)

「オンラインゲーム その妄想と欲望」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

12年前のUltima Online に始まり、海外3本、国内2本のオンラインゲーム(すべて月額課金制)を渡り歩いた筋金入り(?)のオンラインゲーマーですが、プレイスタイルは成長をあせらないいわゆる『まったりプレイ』を貫いています。そのせいでプレイ歴の長さほどキャラが強くないのも事実です。現在は国内2本と海外1本(下のコメントにも出たEVE-Online)をプレイしていますが、仕事も妻子もある身なので、週の平均プレイ時間は1桁です。無料ゲームは未知の世界なので、RMTの話とかPKの話など「ダークサイド」にどこまで踏み込むのか注目してます。(2009/04/07)

う~ん無料ゲームを勧めるのはどうかな。やはり月額定額制のゲームの方が良い物が多い気がしますが。この記事をどうまとめるかは、UO以来、10年以上MMORPGプレイヤーの私には興味があります。(2009/03/31)

おそらくオンラインゲームそのものに対する意見は様々だと思いますが、一個人(女性です)の意見としてコメントしたいと思います。留学生時代に海外のオンラインゲームを楽しみ、帰国後日本の課金制オンラインゲームをプレイしましたが、後者はどうしても合いませんでした。最初は楽しいのですが、時間が経つにつれて、人間の我がままというか普段抑圧されているフラストレーションがあらわれて来て、人間関係のトラブルが非常に多くなっていった事。コンテンツのクリアに人数やバランスの良い役割(ジョブ)が必要な事、特に「身内以外には厳しい」という閉鎖的な人間が多い事、普通の会社員、普通の主婦、まじめに通っている学生ではプライベートに都合をつけないと出来ない事が多く、本当はこれをやりたいけどみんなのために我慢して別な事をやるという姿勢になって来た事など、「楽しむ」ためのゲームというより、まるで軍隊に入ったような錯覚をうけました。今回は導入のみでしたが、続きを期待しています。(2009/03/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長