• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

手頃な価格で国産にこだわる、本格派シャツメーカー

メーカーズシャツ鎌倉2代目 貞末奈名子さん(前編)

  • 白河桃子

バックナンバー

2009年4月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「いらっしゃいませ」

 メーカーズシャツ鎌倉常務取締役の貞末奈名子(さだすえななこ)さんは、会社の発祥の地である鎌倉本店で、笑顔で迎えてくれた。メーカーズシャツ鎌倉は、貞末さんの両親である、貞末良雄さん、タミ子さんが立ち上げた「年間30万枚のシャツ」を売る、日本一のシャツのスペシャリティーストアとして注目されている。

 貞末さんが着ているのはもちろん自社製シャツ。女性用でフリルがついているが、ブラウスではなくあくまでレディース用もシャツである。ボトムはパンツで、キリリとした印象。店舗で働くほかの販売員の女性も、皆イメージが似ている。

メーカーズシャツ鎌倉常務取締役の貞末奈名子さん。鎌倉本店で(写真:山田 愼二)

 「シャツを売るというのは、カジュアルショップではないので、上品な美しい女性としての姿勢でいてほしい、といつも指導しているんです」

 しばらく店舗にいると、入ってくるお客のほとんどがリピーターだと分かるが、顧客相手に販売員の女性たちが熱心でしっかりした対応をしている。気持ちのいいお店…。現場に来てそう思える会社は、経営者のポリシーが血液のように隅々まで浸透している証拠だ。

 「うちの販売員はほとんど正社員です」と貞末さんに言われて驚いた。現在、メーカーズシャツ鎌倉の社員は73人。東京、横浜を中心に直営店は11店舗なので、各店舗を3人で回す体制になっている。今のご時世、社員の社会保障の負担だけでも大変なことだが、正社員にこだわるのは訳がある。

 「モノを売ってレジを打つだけではなく、お客様に作り手の思い、商品の良さ、心の部分をきちんと伝えてほしい。そんな人材を育てるのは、1週間程度の研修でお店に立つアルバイトでは無理なのです。長く勤めて、一緒に会社を盛り上げてほしい」と貞末さん。社員の8割が女性。店舗スタッフは大卒が多く、4年前から毎年10人ほどの新卒採用もしている。

 メーカーズシャツ鎌倉は1993年に創業し、現在は商品企画や在庫管理を担当する会社、サダ・マーチャンダイジング・リプレゼンタティブを父親の良雄さんが、そして母親のタミ子さんが販売のメーカーズシャツ鎌倉の代表を務める。貞末さんは、母親の会社の2代目になる。

 鎌倉本店の広々した店内にディスプレーされているのは、白、ボーダー柄に襟だけが白いクレリックシャツ、上質そうなしっかりした綿のパステルカラーも色とりどりに揃っている。

鎌倉本店の店内には、喫茶スペースも併設している
(写真:山田 愼二)
画像のクリックで拡大表示

 リピーターが多い理由は、商品を見ていて分かった。驚くほどバラエティーに富んだシャツを展開している。トラッドのシャツは「定番」というイメージを裏切り、生地、細部まで凝ったデザインは、すべて微妙に違う。

 「実はうちのシステム、商品の提案スタイルが、普通のアパレルさんとは違うのです。1つの形を少量でしか作らないのです。定番商品は一応あるのですが、いろいろなものを作り続けて、毎週、商品を投入していきます」

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長