• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【15】「安室」と「あゆ」

「器として芸を見せる女」と「生き方をさらけ出す自分を商品化した女」

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年4月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、バブル世代の女性の生き方に影響を与えた、「山口百恵」と「松田聖子」を取り上げました。

 今回は、その下の世代の女性に影響を与えている「安室奈美恵」(安室)と「浜崎あゆみ」(あゆ)を取り上げます。
 
 安室奈美恵は1977年生まれ、浜崎あゆみは78年生まれ。

 つまり2009年の現在は、山口百恵が引退して約30年、松田聖子がデビューして約30年、安室とあゆが生まれて30年余り、ということになります。

芸や技を見せる、優れた「器」としての安室

 安室は沖縄アクターズスクールに小学4年生で入学して、歌とダンスを学び、スーパーモンキーズを結成して92年にデビュー。

 実はデビュー当時は、ダウンタウンの松本人志が、「スーパーモンキーズって売れないでしょう」と指摘したこともあるくらい、当初の安室のルックスは「微妙」とされていたのです。

 その後、ソロに転じて小室哲哉によるプロデュースが始まり、「小室時代」の牽引者となりました。96年には、安室のファッション――茶髪のロン毛、小麦色の肌、細眉、ミニスカート、厚底ブーツなど――を真似る「アムラー」が登場し、流行語にもなりました。

 また、南沙織以来の沖縄アイドルという位置づけもあります。安室以降、SPEEDをはじめ沖縄アクターズスクール出身者が出てきます。その後の沖縄ブームの1つのきっかけにもなったのです。

 そして山口百恵と同じように、人気絶頂期の20歳で同業者と結婚。しかも「できちゃった婚」で、相手は15歳年上で、同じく小室プロデュースのグループTRFのダンサー、SAMでした。

 安室は出産してからも引退は選ばず、仕事に復帰しますが、同時期に実母が義弟(叔父)に殺害されるという不幸な事件に見舞われ、この時期にはさすがに引退を考えたといいます。その後、2002年にSAMと離婚しました。

 この頃、「小室時代」も終わりを迎えます。

コメント5

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者