• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【15】「最悪」と「最高」だけでなく「中庸」も考える

3つの案で備えておく

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年4月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新しいことに取り組む時には、よく「最悪の事態を考えて動け」と言われることがあります。一方で「成功した時の最高のイメージを持とう」とも言われます。

 しかしそのどちらかだけでは極端すぎるので両方とも必要ですし、それだけではなくてその「間」も考えた方がよいのです。

 何かを考える時には、3つの案で備えることをお勧めします。「最悪」「最高」「中庸」の3つを考えておきましょう。

 最悪の結果だけを考えていると気持ちが暗くなりますし、かといって成功のイメージだけ持っていてもよくありません。なぜなら、もちろん何事も成功するわけではないからです。

 「口に出していればその通り成功する」とか「成功のイメージが描ければ思い通りになる」という言葉はよく言われることですが、そう思い込んでいると、たとえ結果が6勝4敗で勝ち越していたとしても、「負けた」方に目が行ってしまいますから。

「中庸」のイメージは客観的に

 ここで大事なのは「中庸」です。

 例えば、会社で難しい企画を提案しようとする時、「提案が却下されるばかりか、提案が評価されず、かえって人事考課が下がって左遷」という最悪のイメージと、「企画が通って、マスコミにも取り上げられ、出世して事業部長昇進」という最高のイメージしかないのであれば極端すぎます。

 「中庸」なイメージを持った方がいいのです。

 「中庸」は「アリストテレスの倫理学で、徳の中心になる概念。過大と過小の両極端を悪徳とし、徳は正しい中間(中庸)を発見してこれを選ぶことにあるとした」(『大辞泉』)という意味ですから。

 つまり、企画がすべて通るわけではないが、採用されるアイデアもあるし、左遷もされないし、事業部長にも昇進しないけれど、そのままのポジションで会社に居続ける、というイメージです。

コメント1

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長