• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【18】「母女子」と「娘女子」

人間関係を家族になぞらえない方がいい

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年4月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 実際に誰かの「母」であり「娘」であり「姉」であり「妹」であることとは別に、「母っぽい」女性、「娘っぽい」女性、「姉っぽい」女性、「妹っぽい」女性がいます。

 実際に母であっても母でなくても、「母っぽい」女性が「母女子」で、大人になっても「娘っぽい」女性が「娘女子」です。

「女」の現役の一段上で意見する「母女子」

 女性が「母っぽく」なる大きな理由は、「母っぽく」なることで「現役の女」ではないことをアピールしながら、一方で「現役の女が関わる問題」に口出しできるからです。

 例えば、自分があまりもてるタイプではない場合は、「△△くんはあなたのことが好きだと思う。私がここに呼んであげるから、話してあげたら」などとお節介を焼いたり。

 母女子は小学生くらいでも(下手をしたら幼稚園でも)いるものです。また、中学や高校で「○○校の母」と呼ばれる女子はよくいたものです。あだ名は「ママ」とか「おかあさん」。しっかり者で、リーダーを支える副リーダー的な存在だったりします。

 「現役の女が関わる恋愛問題」について、現役を離れながらも、「母」の目線で意見を言ったり世話をしたりすることで、現役の女や恋愛に関わることができるのです。

 そして母女子は、これらの問題について支配的に関わりたいという欲求があるのです。

 現役の女の当事者ではないというコンプレックスも抱えていながら、「現役の女よりも一段上にいる」という優越感もあり、問題に関わり、相談に乗るふりをして支配したいという欲望もあり、なかなか複雑なものです。 

 「母女子」という位置にいると、周りが「母的」な役割を期待するし、自分もその期待に応えなければならない気になってしまうので、「私ってすぐ相談を持ちかけられちゃうのよね」「頼りにされちゃって」と少し自慢に思いつつ、でもどこかでうんざりしているところもあるわけです。

 芸能界で言えばベッキーでしょうか。

コメント6

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長