• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【20】人脈なんて、なくてもいい

外弁慶になっても意味がない

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年5月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仕事のために、人脈は必要だと思う人も多いでしょう。

 私は企画会社を経営し、編集者やコラムニストをしているからか、仕事相手に「どういう人脈を持っていますか?」とか「どうやって人脈をつくるんですか?」などと聞かれることがあります。

 その答えは「人脈はないですし、つくりません」です。

 「社内の人とばかり飲んでも仕方ない。社外の人と飲むようにしている」と言う人もいますが、私は酒も飲みませんので行きません。

 バブル期には異業種交流会というものが流行り、今でも行われていますが私は行きませんし、「ブレスト(ブレーンストーミング)しましょう」「情報交換しましょう」「なんか面白いことやりましょう」と具体的でない誘いを受けても、行きません。

人脈づくりは相手を「使ってやろう」と思う表れ

 20代の頃には私にも「人脈信仰」がありましたから、いろいろな会に顔を出すようにもしていました(「顔を出す」という表現が、もう嫌ですね、笑)。

 次第に「人脈ってお互いにお互いを『使ってやろう』と思っていることで、疲れるな」と思うようになり、それからは人脈はつくらないようにしています。

 趣味として、人脈をつくること自体が好きな人もいるでしょう。それはそれで構いません。また、仕事上で例えば各社の広報と知り合いになることが必要ということもあるかもしれませんが、それは人脈というよりも「仕事で必要な人間関係」です。

 そもそもメンテナンスできる人間関係は限られていますから、人脈づくりに夢中になっても仕方ありません。

 また、「社内より社外の人間と飲め」とか「異業種交流会に出る」のも勧められません。

 それは、社外の人と飲んだり、異業種交流をしていると、外に向かっていい顔をしたくなるからです。

コメント16件コメント/レビュー

人脈(というか人間関係、仕事の輪)なんて、あえて意識しなくとも、まっとうに仕事をしていれば、自然に出来上がっていくものではないでしょうか。仕事をしていれば、「持っている人」に対して、してもらいたいことが出てきます。問題は、してもらってばかりで、誰に対しても恩返しがなかなかできていないこと…恥ずかしいばかりです(2009/05/25)

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人脈(というか人間関係、仕事の輪)なんて、あえて意識しなくとも、まっとうに仕事をしていれば、自然に出来上がっていくものではないでしょうか。仕事をしていれば、「持っている人」に対して、してもらいたいことが出てきます。問題は、してもらってばかりで、誰に対しても恩返しがなかなかできていないこと…恥ずかしいばかりです(2009/05/25)

今回の内容は人脈の否定というよりも、メンテナンスし切れない人間関係をかかえ、対応がおろそかになってしまうことや、一方通行で相手に認識されていない程度の相手を「人脈」に数えることへの戒めのようですね。。(2009/05/19)

人脈全般を否定しているわけではなく、人脈の「質」について言及しているのだと理解しました。(2009/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長