• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ネトゲ廃人」はなぜ生まれるか。ネットゲーム依存症を考える

  • 大塚葉(日経ビジネスオンライン編集委員)

バックナンバー

2009年5月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 連載「オンラインゲーム その妄想と欲望」は、40代の母親である野中アミが、オンラインゲームの中の様々な人間関係を体験する様をつづった物語である。

 物語の主人公、野中アミのモデルでもある著者の北湯口ゆかりさんに、オンラインゲームの面白さ、そして怖さについてお聞きした。

 おりしも『ネトゲ廃人』という本が発行され、ゲーム依存のためうつ病になる人、崩壊する家族などの姿を描いて、注目を浴びている(参考記事は、こちら)。

 「ネトゲ廃人」とはどんな人か、人はなぜネットゲームに依存するようになるのだろうか。

(聞き手は日経ビジネスオンライン 大塚 葉)

――北湯口さんは実際にオンラインゲームをやっておられ、そのいい面も悪い面もご存じですね。まず北湯口さんのゲーム歴を教えてください。

北湯口 それほど長くありませんが、5年ほど前からオンラインゲームを始め、その間、30タイトルくらいやりました。短いものでは1カ月、長いと1年くらい1つのゲームをやっていましたね。

――でも、最初はオンラインゲームに偏見があったとか。

北湯口 はい。連載の第1回でも書きましたが、私はインターネットが普及する前のパソコン通信も利用していたので、ネットを通じた他人とのコミニュケーション経験は、20年以上になります。

北湯口ゆかり(きたゆぐち・ゆかり)さん
フリーライター&エディター。1995年から雑誌、書籍でパソコン関連記事を執筆。ウェブコンテンツ制作も行う。旅行、育児、ビジネス分野の取材も行う。主な著書に『ママさんライタードタバタ奮闘マニュアル』(KKベストセラーズ)『これでわかるアクセス2002』(SCC)など。
(写真:山田 愼二、以下同)

 パソコンやネットに関する仕事をしている関係で、ネットで出会って友人になったり、一緒に仕事をした経験もあります。友人には、ネットで知り合って結婚した人もいます。ですからネット上のコミュニケーションが現実生活とかけ離れたものだとは、必ずしも言い切れないと思っているのです。

 ただ、私自身は最初、オンラインゲームにだけは偏見を持っていました。どんな人がやっているか分からなかったし、暗い部屋に閉じこもって密談しているようなダークなイメージがあったからです。

 でも、友人がやっているというので自分も試しに始めてみたら、以前持っていたダークなイメージと違い、面白いということが分かりました。やっているうちに、どんどん楽しくなっていったのです。今では、偏見を持っていたことを反省しています。

オンラインゲームの面白さとは?

――どんなところが、面白かったのでしょうか。

北湯口 先ほど話したように、これまで私が関わってきたネットでのコミュニケーションと、少し違う部分があるんです。

 ネットでのやり取りは、メールやチャット、掲示板にしても、文字だけのコミュニケーションです。ネットで知り合った人とは、一度でも顔を合わせればそのイメージをつかむことができますが、実際に会ったことのない人とは、書き込まれた言葉の中から、手探りでその人のイメージを探っていく…という状態でした。

コメント5

「オンラインゲーム その妄想と欲望」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック