• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「僕、作る人」。オトコの家庭料理が社会を変える!

料理を通して分かる、「会社だけがすべてじゃない」

  • 金丸 裕子

バックナンバー

2009年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまでは女性がやってきた多くのことを、男性がやってもいいのではないか。男たちの新しい働き方を模索するこのコラムでは、育児、料理などの家事をこなす男性たちをリポートしていく。「パパ料理研究家」の滝村雅晴さんに、家庭のための料理について伺った。

 滝村雅晴さんは、クリエイター養成スクールを運営するデジタルハリウッドを3月末で退職し、「パパ料理研究家」として独立した。4月に新会社ビストロパパを起業したばかりである。

 日本で唯一の、本格的な「パパ料理研究家」という滝村さん。「パパ料理」とは初めて聞く言葉だが、「男の料理」とどう違うのだろうか。

 「『男の料理』は、自分の好きなものを好きな時に作る『男の趣味料理』。それに比べると『パパ料理』は、家族が食べたいものを、家族のために作る『男の家庭料理』のことです」と滝村さんは言う。

 「僕も最初のうちは『男の趣味料理』を作っていました。でも、失敗を繰り返して、今は家族のために料理を作ることの喜びと幸せを実感しています。そのことを伝えたくて、起業する決心をしたのです」と滝村さん。実際には、父子を対象に料理講習会やセミナーの開催、本の出版などを通して「パパ料理」を紹介していくのだという。

キッチンに立つ滝村さん(写真:大槻 純一、以下同)

 滝村さんはいつ、何がきっかけで「パパ料理」に目覚めたのだろうか。「6年前の長女の誕生で、スイッチが切り替わりました。子供ができるまでは、終電まで仕事をする会社人間。同じ会社で働く妻も忙しく、2人とも食べることが好きだったので外食を楽しんでいました。でも、子供ができたらそうはいかない。子育てに追われる妻においしいものを食べさせてあげたい…。そんな思いから、週末にはキッチンに立つようになりました。そして、料理と健康管理に興味がわいてきたのです」。

 もともと料理好きだったこともあり、毎週末に友人を自宅に招き、妻と友人を相手に「ビストロパパ」をオープンしていた。ところが、翌朝になると妻の機嫌が悪い。

 その原因は、滝村さんにあった。高価な材料を買い、レシピに書いてあるスパイスがなければ料理はできないと、食材店を3軒もはしごする状態。

 前菜からデザートまでのフルコースを作り終わると夜中になり、そのまま力尽きて後片づけもしないで寝入ってしまう。――つまり「シェフ」としての主役は自分で、皿洗いやゴミ捨てなどの面倒な仕事は妻に任せるという、自己満足の「男の趣味料理」に滝村さんも走っていたのだ。

 「好きな1割の仕事のために、9割の嫌な仕事を率先してやることが大切――会社で僕は新人にそう教えていました。その本人が、料理に関しては好きな1割だけをやり、9割を妻にやらせていたんです」と滝村さんは言う。

 「残った材料で料理を作ったり、調理をしながらフライパンを洗うという、毎日料理を作る女性なら当たり前にやっていることが、僕もできるようになるまで5年かかりました。僕はスーパー・パパではないんです。最初から家族を喜ばせるような『パパ料理』ができていたわけではないことを正直に伝えておきたいんです。失敗を繰り返し、妻に見守られながら、少しずつ気づいて成長をしてきたのです」

コメント2

「変えよう、男の働き方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授