• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【21】歴女(レキジョ)と和女子

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年5月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近の歴史ブームで、「歴女(レキジョ)」という言葉がよく聞かれるようになりました。

 以下は「新語探検」からの引用です。

歴女 「歴史好きの女子」という意味。『三国志』の登場人物や日本の戦国時代の武将に大きな関心を寄せるので「戦国乙女」ともいわれる。2008年11月に『三国志』の赤壁の戦いを映画にした『レッドクリフ』の公開イベントで『三国志』や幕末に興味をもつアイドルの美甘子(みかこ)を「歴ドル」(歴史好きのアイドル)と名づけたことから、歴史好きの女子を「歴女」とよぶようになったらしい。東京・神田小川町にある雑貨や書籍など戦国時代ものの専門店「歴史時代書房 時代屋」は、06年2月の開店当初は客のほとんどが中高年男性だったが、07年頃から若い女性客が増え始め、いまは約40%が女性客になっているという。歴女登場の背景には『三国志』や戦国時代をテーマにしたゲームや漫画が増え、それらのゲームや漫画に触れたのをきっかけに原作本を読み始めて「歴史通」になる女性が増えてきたと分析される。

【新語探検 著者:亀井肇/提供:JapanKnowledge】


 以前この連載で書いた「腐女子」や「マニア女子」、そこでも紹介した鉄道オタクの「鉄子」と同様、歴史好きの女の人は、昨日今日現れたわけではありません。

 「女に鉄道は分からない」「女に歴史は分からない」と言う人もいますが、そんなことはありません。

歴女が群がる城や時代ドラマ

 歴女が増えたことと関連があるのか、今年のゴールデンウイークも日本の城を訪ねた人の数は、軒並み例年を上回ったそうです。

 歴女が生まれる元となった「レッドクリフ」の原作『三国志』も、「男に語らせるとうるさい」と言われますが、『三国志』には女性の「萌え(注)ポイント」はたくさんあります。

(注)萌え(もえ)
オタク文化が発祥。今はオタク的に「魅力を感じる」ことに使われる。「○○が好き」を「○○萌え」と表現することもある。

 「やっぱり劉備が素敵!」「私は曹操!」と盛り上がるのは、「好きな男のタイプ」というような女性の話題につながりやすいからでしょう。

 『三国志』と同じように、男性で「幕末ロマン」好きは多いものですが、歴女も「幕末萌え」があります。

 例えば香取慎吾主演の大河ドラマ「新選組!」(2004年)が大ヒットしたのは、多くの歴女が見ていたからです。ちなみに「篤姫」の家定役が好評だった堺雅人がブレークしたきっかけになったのも、このドラマで山南敬助を演じたことでした。

 江口洋介主演で「木枯らし紋次郎」が三十数年ぶりにリメークされ、NHKでも山本耕史主演で佐伯泰英原作のドラマ「陽炎の辻」を放映し、「必殺仕事人2009」にはジャニーズのタレントが総出演しています。

 現在東京国立博物館で行われている国宝阿修羅展も大変な盛況ですし、江戸時代の奇想の絵師、伊藤若冲にはまったり、「伊達様に会いに仙台に行くの!」と言う歴女もいます。

コメント5

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官