• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【21】自分のために生きればいい

それは本当にあなたが守りたいものですか?

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ある評論家が「自分が支持しない言論でも、その言論の自由は命を懸けて守る」と言っていました。とてもかっこいい発言ですが、私は違和感を覚えました。

 もちろん言論の自由は守られるべきですが、「命を懸けてまで守らなければならない」のは、自分に必要な言論だと思います。

命を懸けて守るべき言論とは

 以前、ある店でとある大学の法学部の男性教授が「女に参政権は要らない」と大声で話していたのを耳にしたことがありました。私は「法学部の教授が、こんなにレベルの低い人権侵害発言をしていいのか」と驚き、あきれました。

 その発言は大学の講義ではなく、彼にとってはプライベートの場での与太話でしょうし、そもそもその人にも思想信条の自由も、言論の自由があるのも理解はできます。

 とはいえ、命を懸けてまでこんな人の言論の自由を守ろうとは思いません。

 例えば、その教授がその思想を持っていることで弾劾されたとして、その権利回復のための運動があっても、一方で発展途上国で女性に参政権を与えようという運動があって、私がどちらかの支援に「命を懸けなければならない」としたら、迷わず後者を選びます。

 もちろん、思想信条も言論の自由も守られるべきだと思います。

 そのうえで、自分に必要なもの、自分が好きなものを、それぞれの人が守るということが何より大事なのです。そして「自分にとって大事なものを守る人」同士、お互いが尊重し合えればそれでいいと思うのです。

コメント6

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏