• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【22】「武勇伝女子」と「委員長女子」

はねっかえりでもいい子でも、しょせん「女の子」扱い

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年5月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京・赤坂の檜町公園で酒に酔って全裸で騒いだため、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕され、活動を自粛していたSMAPの草なぎ剛が、不起訴処分を受けて、1カ月余りで仕事に復帰します。

自分で自分を笑う「武勇伝女子」

 この事件を巡って、いろいろな反応がありました。
 一番多かったのは、「深夜の公園で全裸になったくらいで、逮捕や家宅捜索は厳しすぎる」というものでした。この声が多かったために、早い復帰となったようです。

 さらに、「私なんか同じ公園で昔、もっとすごいことをした」と書く女性作家がいたり、「男なんて飲んだら脱ぐもんだ」とか、「私だって酔うと脱ぐ」と言う女性も出てきました。

 こういう女性を「武勇伝女子」と名づけます。

 ちなみに私は酒を全く飲まないので、「酔っぱらいのやったことなんか大目に見ろ」という意見そのものがあまり好きではありませんが。

 とはいえ、私もそれ以外の武勇伝はついつい話したくなってしまいます。

 このような女性による武勇伝が増えた背景には、「セックス・アンド・ザ・シティ」などによるガールズトークが増えたことと、「だめんず」(編注:下記の『だめんず・うぉ~か~』に登場する「だめんず(ダメな男)」とばかりつき合ってしまう女のこと)、「負け犬」など、女性が自分自身を面白く語れる言葉が生まれたということがあります。

 それまでは、例えば、いつまでも結婚しない女性を語る言葉は、「オールドミス」だの「いきおくれ」だの「老嬢」だの、男性が女性を揶揄するものが多かったものですが、最近では自分で自分を笑うことができる女性コラムニストや女性漫画家などが増えてきたのです。

 例えば、漫画『だめんず・うぉ~か~』(倉田真由美著)は2000年から始まり現在も連載が続いていますし、『負け犬の遠吠え』(酒井順子著)は2003年刊行のエッセイで、それぞれベストセラーになりました。

 これらは書き手本人が、自分自身や自分の周囲の女性を「だめんず」や「負け犬」と思って書かれたものです。

 バブル期にも女性の武勇伝はありました。

 しかしそれは「武勇伝」と言うよりは、「誕生日にはバラの花束を何人もの男からもらったものよ」とか「毎日毎日、デートの誘いで大変だったわ」とか、「直球の自慢話」でした。

 武勇伝と言うより、“もて自慢”と言った方がいいかもしれません。

 しかし、だめんず、負け犬という言葉が生まれ、ガールズトークや、お笑いが流行っている今では、女性が自分で自分を笑う武勇伝を口にするようになったのです。

コメント8

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック