• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【23】女性芸能人という生き方~女優・アイドル編~

銀幕からバラエティーに降りてきた女優たち

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年6月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性芸能人の生き方は、多くの女性にとって話題になり、注目されるものです。

 それは女性芸能人が、「女性が働きながら、恋愛・結婚・出産・家庭をどうするか」を考える時のロールモデルでもあるからです。

 女性芸能人といえば、女優が一番“格上”とされます(彼女たちがバラエティー番組に出れば、「今日は豪華なゲストです!」「いいんですか、こんな番組に」ともてはやされるものです)。

 そして、アイドルとモデルとグラビアアイドルがいます。それぞれに活躍する媒体や狙うファン層が違うのですが、バラエティー番組やクイズ番組が隆盛な時代になり、だんだんその立場は近づいてきています。

 また、女性アーティストや女性芸人も、今は人気のある存在です。

 さらに女子アナ。本当は女性芸能人ではなく、テレビ局の会社員なのですが、女性芸能人並みに注目される存在です。

女優はかつて、銀幕に棲む高嶺の花だった

 まずは女優から話を始めましょう。
 今の60代以上の女優というのは、若い頃は神秘的で浮世離れした存在でした。

 最近でも、バラエティー番組によく出ていて、古いタイプの女優のイメージが残っているのは朝丘雪路(1935年生まれ)でしょうか。彼女は父親が日本画家の故・伊東深水で、お嬢様だったので、小学校にも人力車で通い、今でも電車の切符を買ったことがないとか。

 夫の津川雅彦とは別居していますが、お手伝いさんとは同居しているそうです。

 また、岩下志麻(1941年生まれ)の夫は映画監督の篠田正浩ですが、結婚する際に篠田監督は「君は女優なんだから家事はしなくていい」と言ったそうです。

 若尾文子(1933年生まれ)の夫は、建築家の故・黒川紀章ですが、「君はバロックのような人だ」と褒め称えていたそうです。

 このように古いタイプの女優には、家庭のイメージがあまりありません。
 彼女たちは映画女優でしたし、かつて映画は「銀幕」と呼ばれ、特別な世界でした。だからこそ、そんな高嶺の花と結婚できるのは映画監督だったり脚本家だったり、映画業界で「先生」と呼ばれるような人たちでした。

 八千草薫(1931年生まれ)の夫は、映画監督の故・谷口千吉でした。故・乙羽信子(1924~94年)の夫も映画監督の新藤兼人でした。高峰秀子(1924年生まれ)の夫は映画監督、脚本家の松山善三です。

 女優はこのように銀幕の中で生きる存在で、生活感はありませんでした。

コメント7件コメント/レビュー

次回取り上げるのかもしれませんが、現代アイドルをくくるなら一応アイドル界最後の希望と言われる、perfumeも出していただければ。(2009/06/08)

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

次回取り上げるのかもしれませんが、現代アイドルをくくるなら一応アイドル界最後の希望と言われる、perfumeも出していただければ。(2009/06/08)

今、アイドルなんて、たくさんいるから、生き残りは厳しいシビアな世界だよ?まあ、せいぜい若いうちだけ。・・・(2009/06/06)

日経が芸能人のお話とはびっくりしました。でも、たまにはいいかもしれませんね。 深沢さん流の「ぶっちゃけた」事を言わせてもらえば、「職業に貴賎なし」というのが私の考えです。もちろん表面的な社会体裁とやらはあるかと思いますが、心の奥底の本音の部分って違う場合ありますよね。ぶっちゃけっておっしゃっていらっしゃいますが、きっと、表面的な社会的体裁ではなくて、心の奥底の本音だから説得力ありますよね。職業に貴賎なし、ていうのもどちらかといえば、ぶっちゃけ、の心の奥底の、表面的にはいいずらいけれど、本音かもしれませんね。 芸能界って、長く残っていくのって大変ですよね。浮き沈みが激しく苦労が多い方が多いってよく聞きます。どんな世界でも厳しいですよね。 それでも、人を喜ばせること仕事っていいですよね。虚業とおっしゃるかたもいらっしゃって、卑しいお仕事という方も、そういうのもひとつの見方かもしれません。でも、そういう方からも、学ぶべきところってありますよね。偏見なしに見てみると、自分にないよさとか、本当に勉強になりますよね。 虚業、といわれる、社会的弱者???かもしれない???立場が弱い???からこそ、苦労をしているからこそ、人の痛みがわかるのですよね。 世の中は表面的体裁の部分とそうでない部分、人の気持ちの部分がありますよね。本当に人がついてくる人は立場上、仕事で弱い立場に物凄い理不尽なことをさせざるのを得ないときに、メンタル的な部分をさりげなくですが「いやあ、悪かったなあ」なんてさらっといってくれたりするんですよね。(2009/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長