• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】日本人や若者はバカになったのか?

“日本という船”を進めるためにすべきこと

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年6月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今の日本はダメになった」
 「日本人はバカになった」
 「今の若者はバカだ」
 つい、口にしてしまいがちな言葉です。
 しかし、こんな安易で無責任な言葉を口にするのは、意味がないのです。

大人の批判が若者を「自分はダメ」と洗脳する

 飲み会でついつい、「いやもうさ、うちの会社の若いやつ、こんなこともできないんだよ。あいつらバカで信じられない」「もう日本もダメだよね」などと話し込むと、2時間、3時間はあっという間ですが、こんなことを喋っていてもいいことは何もありません。

 この連載でも、「今は本当に嫌な世の中でしょうか?」で書いていますが、今の時代や、今自分がいる場所を否定しても、よいことなどありません。

 例えば「若者はバカだ」と言い続けていても、その若者がよくなるわけではありません。

 むしろ逆で、「自分たちはバカでダメなんだ」と、若者をダメな方にじわじわと洗脳することになるだけです。こんなことをしても、誰にもいいことはありません。

 それどころか、これからの時代を支える若者に対して、上の世代が「バカだしダメだ」と洗脳し続けているわけですから、それがどれだけよくないことか想像がつくでしょう。

 今の日本や若者が悪いのだとしたら、「どの時代の日本や若者のどこがどうよかったのか」、具体的に教えてほしいのです。

 そして、今の日本がどうすればよくなるのか、具体的な方法を教えてほしいですし、自分で何か行動を始めてほしいのです。

日本がダメだとすれば、今に始まったことじゃない

 だいたい「日本人はバカだ」と言う人たちは、自分たちも日本人でありながら自分だけは「バカ」の対象から外れているのが不思議なところです。

コメント19

「深澤真紀の社会の“正しい歯車”として生きる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック