• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【24】女性芸能人という生き方~グラビアアイドル・モデル・女子アナ編~

生き残りの明暗を分けるのは「バラエティー神経」

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年6月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、女優とアイドルについて考えました。

 現在は女性アイドルにとって不遇の時代ですが、その原因としてグラビアアイドルと女性アーティストの隆盛も挙げられます。

 女性アーティストのテーマは次回に送り、今回はまずグラビアアイドルについて考えます。

 グラビアアイドルはかつて、完全なる「男性のためのアイドル」でした。主に雑誌のグラビアや写真集で活躍し、テレビのバラエティー番組などにはあまり出ず、女性ファンの獲得を目的にはしていませんでした。

 グラビアアイドルの元祖とも言われ、1970年代に活躍したアグネス・ラム(1956年生まれ、ハワイ出身の中国系米国人)は、日本語もおぼつかないくらいでしたから、彼女の人となりを知る機会はなかったくらいです。

 ちなみに、マンガ「うる星やつら」(高橋留美子著)のラムちゃんの名は、アグネス・ラムから来ています。日本人にとってはマリリン・モンローのように大きな存在でした。

アイドルからバラドル、そしてママドルへ

 そんなグラビアアイドルの存在感も大きく変化しています。

 理由の1つは、お笑いとバラエティーのブームで、「かわいいし、喋れる」という女性芸能人のニーズが高まったこと。

 ここに参入したのが、アイドルからバラエティー番組に「降りていった」バラドル(バラエティー・アイドル)です。山瀬まみ(1969年生まれ、夫は俳優の中上雅巳)や井森美幸(1968年生まれ)がその走りの存在です。

 おニャン子クラブ(1985~87年活動)も、アイドルでもあり、バラドルでもある存在だったかもしれません。フジテレビの番組「夕やけニャンニャン」のアシスタントとして募集された素人グループでしたが、秋元康プロデュースの「セーラー服を脱がさないで」で一気にブレイクしました。

 モーニング娘。もおニャン子を参考に生まれましたし、秋元自身も、平成のおニャン子とも言うべきAKB48を手がけています。

 当時は、新田恵利(1968年生まれ、フジテレビ社員と結婚)、国生さゆり(1966年生まれ、同級生と結婚後離婚)が人気を二分していましたが、解散後にブレイクしたのは別の2人でした。

 1人は、様々な浮き名を流しながらも、木村拓哉と結婚して2児をもうけ、女性芸能人として1つの「あがり」を見せた工藤静香(1970年生まれ)。

 もう1人は、台湾やスイーツやピラティスブーム、そしてお笑いグループ「ネプチューン」のリーダー名倉潤と結婚し1児をもうけてからは、様々なママビジネスを手がけ、若手から「満里奈さんの位置になりたい」「満里奈さんはずるい」と言われ続けた渡辺満里奈(1970年生まれ)でしょう。

 また、プロデューサーである秋元康と結婚して1児をもうけた高井麻巳子(1966年生まれ、現在は秋元麻巳子としてエッセイなども手がける)、アイドルキラーと呼ばれた作曲家の後藤次利と結婚した河合その子(1965年生まれ)の存在もあり、「バブル期」「業界ブーム」の芸能界の象徴的な存在でもあります。

コメント4件コメント/レビュー

団塊の世代のおっさんですが、この記事は大変参考になります。それと言うのも、テレビで子供らに、「この女性タレントの名前は?」と聞くのですが、次回にはすっかり名前を忘れていて、又、同じことを聞いてしまう。そのため総スカン状態なのです。それだけインパクトが大きく一度見て忘れられなくなる女優との遭遇など極めて稀な現象であると言うことですが、どのテレビ・チャンネルもバラエティ番組ばかりで、きらりと光る場面に出くわすまでにかなりの程度馬鹿さ加減との忍耐強い御付き合いが必要になってきます。そう言う情況の中で、一人残らずきっちり年齢を表示してくれているのがとても嬉しいです。タレント総覧にしては、押切もえと蛯原友里が入っていないのは、やや意外でした。(2009/06/13)

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

団塊の世代のおっさんですが、この記事は大変参考になります。それと言うのも、テレビで子供らに、「この女性タレントの名前は?」と聞くのですが、次回にはすっかり名前を忘れていて、又、同じことを聞いてしまう。そのため総スカン状態なのです。それだけインパクトが大きく一度見て忘れられなくなる女優との遭遇など極めて稀な現象であると言うことですが、どのテレビ・チャンネルもバラエティ番組ばかりで、きらりと光る場面に出くわすまでにかなりの程度馬鹿さ加減との忍耐強い御付き合いが必要になってきます。そう言う情況の中で、一人残らずきっちり年齢を表示してくれているのがとても嬉しいです。タレント総覧にしては、押切もえと蛯原友里が入っていないのは、やや意外でした。(2009/06/13)

小倉優子に触れていない様ですね。グラビアアイドルにはイメージDVDの存在は欠かせない。かつては写真集のメイキング的な存在に過ぎなかったが、03年トップグラドルの小倉優子が、フォーサイドなどと組んで、一年で20本近いDVDを発売した事によってドラマティックに動いたのである。すなわち写真集と並ぶ新たな収入源として、また出版不況で写真集が出しにくくなった新人にとって売出し商品となり、一気にグラドル人口が肥大化した。また、彼女自身がそうである様に、タレントとして成功後もグラドルを続ける「長期化」や、ほしのあきの様に再起のためにグラドルとなる「逆流化」など、それまでにない新たな動きが生じたのは、グラドルが売り出しの手段から、「職業」へと進化したためである。こうした中、各誌などもDVDを付録とするのが一般化し、漫画雑誌も売上低迷から、表紙グラビアが新人から購買力のあるトップグラドルを起用する事が多くなった。(小倉優子は少年マガジンや週刊プレイボーイなどで創刊以来最多表紙を務めている。またDVDも百作品を越え最多)しかしながら06年の熱愛騒動により、グラドル産業は下降曲線を描いていく。彼女自身は圧倒的な存在から他のトップグラドルと肩を並べる程度になったに過ぎないが、全体的には壊滅的低下をもたらした。それは出版業界にもダイレクトに影響し、グラビア誌や漫画誌の休刊が相次ぐ結果となり、ドラマ原作など多方面に影響を与え、経済的損失は数兆円に及んだ。彼女に替わるカリスマの不在が産業を支え切れなかったためであり、遅ればせながら現在は南明奈にその期待が集まっている。その小倉優子は現在、今なお低迷するグラビア界を支える重要な一人であるだけでなく、9年間全くイメージを変えなかった事が、逆にアンチエイジングとして、コスメやファッションが注目され、次第に女性層の支持を得た。また上原英範氏が著書で「場を読む天才」と評したように、バラエティで欠かせない存在で、更に楽器、料理、ゴルフ、株、焼肉屋プロデュースなどマルチぶりを発揮し、経済番組のMCなどを務めいる。勿論、事務所の先輩眞鍋かをりの影響もあるが、こりん星アイドルだけでない稀有な存在であるのは確かであろう。(2009/06/13)

女性芸能人が芸人化して、女性芸人でもまあまあ美人なのが出てきた。吉本がアイドル枠を作るが、あまり売れてない。もう神秘的なアイドルは不要なのだろう。隣のおねえさんというか、自分でも付き合えるかもというような女性の人気がでる。ただ、若い男性に人気のグラドルが、テレビでバラエティーに出て、女性に人気が出てくると、コアな男性ファンはいなくなる。男性人気卒業というところか?不思議なことに、30代になっても、なんとか男の気を引こうとすると、女性の人気は出ず、バッシングされたりする。女性は自分の男にちょっかいを出しそうな女性を、嗅覚鋭くかぎわけて、敵視するようだ。ファッションモデルで女性の人気を得て、そこから男性の人気が出てきて、女優になったりするが、不思議に男性受けしないタイプも存在する。女優でも宮崎あおいタイプは、男性人気よりも、女性人気が主な気がする。セクシーなタイプは、女性人気は出ずに、男性人気が出る。やはり、男を引き付ける危険な女は、女性に嫌われる。小池栄子は、セクシーではあったが、姉御肌で、男っぽいところもあり、そんなに美人でもないところで、女性の支持も得てきたのではないか?小生は女性からぼろかすに言われるような、女性アイドルが好きである。危険な女性芸能人を罵倒する女性の顔は恐ろしくもあり、意地汚く見えるが、非常にうれしそうである。一度鏡で見るか、ムービーにとって見るといい。(男が一人でテレビを見て、セクシーな若い女性をにやけて見ている間抜け顔もムービーに撮ろうかと言われるだろうが、、)(2009/06/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授