• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

対人恐怖症、病気。コンプレックスによる現実逃避とカミングアウト

  • 北湯口ゆかり

バックナンバー

2009年6月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オンラインゲームに興じるプレーヤーは、どこにでもいる一般人だ。ただゲームに興じているように見えても、その実、心の中に痛みやコンプレックスを抱えていることも多い。

 アミにもまた、人には話せないコンプレックスがあった。

 オンラインゲームという仮想世界では、ゲームの中で交わされる言葉と、プレーヤーが操作するキャラクターの行動が、プレーヤー本人を判断するすべてだ。好意的に解釈すれば、容姿や肩書ではなく、その人の「人格」だけで勝負できるコミュニケーションスタイルだと言える。

 しかし実際は、この「人格」が曲者だ。

 「ネット人格」という言葉を聞いたことがあると思う。「本来の自分とは違い、ネット上でだけ出てくる、装った性格」だ。その人格は、その人のまるっきりの虚像というよりも、もともと持っている性格の一部が誇張されたり、隠されたりした結果である場合が多い。

 ネットに限らなくても、「あの人は外面がいい」などと、時によって性格にギャップが出る人もいる。そもそも誰かと接する際、ありのままの自分を開示することは難しい。遠慮や警戒、見えや気取り、他人の期待に応えようとするサービス精神や背伸びなど様々な感情が入り混じり、本来の自分とは多少ズレた形でコミュニケーションを取ることもある。

 それでもあえて「ネット人格」と言われるのは、ネット上のコミュニケーションには、「匿名性があるために、都合よく自分を演出してもバレない」という特異性があるからだ。

ネットで現実逃避ができることも

 現実のつき合いでは、「素の姿」と「装った姿」のズレは、親しくなるにつれ露呈する。しかしネット上では、本来の相手の姿は見えない。あるのは「文字での会話の印象やキャラクターの行動を見て、形作ったイメージ」だけだ。

 かなり親密に話せる間柄になっても、ネットを介して顔を合わせずに交流している間は、それが相手の「素」なのか「装い」なのかは分からない。分からないからこそ、警戒心がぬぐいされない。

 その一方で、ネット上では、「ここだけの打ち明け話」がしやすいとも言える。よく知っている友人や親族に、顔を見られながら相談するのは照れくさいものだが、顔の見えない相手には悩みを打ち明けやすいのだ。

 オンラインゲームのコミュニケーションには、「ある程度の距離までは急速に近づけるが、それ以上踏み込むには苦労する」というボーダーラインが生まれる。

 ゲーム内で適度な距離を保っているうちは、人間関係はシンプルだ。時間が合えば一緒に遊び、会話を楽しむ。気が合わない相手とはつき合わない。現実の世界で感じるしがらみに比べれば、ずっと割り切りやすい関係がそこにある。

 ところがお互いの距離がもっと近づくと、問題が複雑になる。仲良くなれば相手に興味を持ち、相手のことが知りたくなる。同時に、仲良くなったからこそ、「本当の自分を知られたくない」という葛藤も生まれる。

 例えば、その人がコンプレックスを抱えていて、意図的に「ネット人格」を作り上げていた場合だ。

 ある意味でオンラインゲームほど、現実逃避に適した場所はない。仮想世界で、現実離れしたキャラクター同士が接する、顔の見えないコミュニケーションは、「見たくない現実から逃げて、別人になりたい」という願いを容易に叶えてくれる。

 コンプレックスを抱えていても、相手に悟られずに済む。自分の操るキャラクターを通じて、「強さ」も「美しさ」も「若さ」も演出できるのだから、ゲーム世界では劣等感で落ち込むこともなく、のびのびと過ごせる。

コメント5件コメント/レビュー

ネットゲームは、文字だけのコミュニケーションとは限りません。著者も別の記事で「最近は、スカイプでやり取りする人も出てきた」と書いていますが、欧米系のメジャーゲームではVC (ボイスチャット) が標準装備されるようになってきています。クランやギルドを組むとオンライン中は常時音声でしゃべっていたりします。顔は見えませんが、声でだいたいの年齢や性別はわかってしまうし、家の中の音も拾ったりするので子供や奥さんやペットが居ることもわかってしまう場合もあります。若い人は顔写真を送りあう場合もあります (恋愛対象か確かめるため)もちろん、実際にその人に会ったり住処を見たりした場合の情報量に比べれば、まだまだ少ないとは思いますが…。(2009/06/19)

「オンラインゲーム その妄想と欲望」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ネットゲームは、文字だけのコミュニケーションとは限りません。著者も別の記事で「最近は、スカイプでやり取りする人も出てきた」と書いていますが、欧米系のメジャーゲームではVC (ボイスチャット) が標準装備されるようになってきています。クランやギルドを組むとオンライン中は常時音声でしゃべっていたりします。顔は見えませんが、声でだいたいの年齢や性別はわかってしまうし、家の中の音も拾ったりするので子供や奥さんやペットが居ることもわかってしまう場合もあります。若い人は顔写真を送りあう場合もあります (恋愛対象か確かめるため)もちろん、実際にその人に会ったり住処を見たりした場合の情報量に比べれば、まだまだ少ないとは思いますが…。(2009/06/19)

40代ネットゲーマーです。昔は同世代のゲーマーは沢山居たんですけどね。40代はパソコン黎明期に飛びついた世代で少なめだけど、そこそこにプレイヤーは居ました。今では年を取って止めてしまった人も多く、少数派になってしまったためにカミングアウトする人は少ないですね。リーダーを張るのでなければマイナスにしかならないので、自分も年齢は明かしてません。会話は気を遣いますけど、相手が気を遣うよりマシなのでこのまま背負い続けます。アマチュア無線のように、年寄りが居ることが当たり前になれば、そのうち空気も変ると思いますけど。遊ぶのに本当は年齢なんて関係ないんですけどね。(2009/06/19)

ネットゲームは素性が分からない相手とコミュニケーションするが、仮想空間でありながらコミュニケーションについては現実性がある。相手の素性や性格は文章のやり取りから読み取るしかなく、キャラクターは女性か男性か判断する程度。(それも確かな物ではないが・・・)しかも、幅広い年齢層とのコミュニケーションであり、自分の立ち位置を気にする。気にするのは年齢のコンプレックスからである。今のネットゲームは、私の年齢と価値観では対応しきれない。提案だが、せめて年齢制約などを加えてネットゲームを楽しみたいものである。(2009/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長