• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【25】女性芸能人という生き方~アーティスト編~

中島みゆき、ユーミンから、ドリカム、PUFFYまで

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性アーティストが台頭しています。

 アーティストは本来は芸術家という意味ですが、日本では「歌手」のことをアーティストと呼ぶことが増えてきました。

 女性アイドルが歌謡曲を歌う時代から、女性アーティストが楽曲(最近ではなぜか、この呼び方がはやっています)を歌う時代になったのです。

70年代:中島みゆきとユーミンの登場

 日本には戦前から歌謡曲文化があり、歌謡曲を歌う人たちは、歌手と呼ばれていました。

 一方で、フォークやニューミュージックというジャンルが生まれ、シンガーソングライターという、自分で作詞や作曲をして歌う人たちが現れ、女性にもその流れが生まれてきたのです。

 1967年1月にリリースされた「この広い野原いっぱい」を歌った森山良子(1948年生まれ、2回結婚し2回離婚、それぞれに1児をもうけ2番目の子供が森山直太朗)、1970年11月1日リリースの「知床旅情」を歌った加藤登紀子(1943年生まれ、獄中婚した夫との間に3児)、1975年11月5日にリリースされた「なごり雪」を歌ったイルカ(1950年生まれ、自分のプロデューサーだった夫との間に1児)などが初期の中心的存在です。

 青い三角定規(1971年結成)の西口久美子(1950年生まれ)や、六文銭(1968年結成)の四角佳子(1952年生まれ。吉田拓郎の最初の妻)、ハイ・ファイ・セット(1974年結成)の山本潤子(1949年生まれ)、ペドロ&カプリシャス(1971年結成)の高橋真梨子(1949年生まれ。1973年から参加)など、フォークグループのボーカルとして人気を博した女性もいました。

 この連載では「紅一点女子」としても触れた、男性グループの中でボーカルやキーボードを務める女性です。

 そして、ニューミュージック界の女性の2大トップとなったのは、中島みゆき(1952年生まれ)とユーミン(1954生まれ、荒井由実からプロデューサーの松任谷正隆との結婚で松任谷由実に)です。

 ユーミンも中島みゆきも、テレビに頻繁に出るタイプではありません(ラジオのレギュラーは持っていましたが)。歌番組にもなかなか出演しませんでしたし、紅白歌合戦にも1回ずつしか出ていません。

 ユーミンの「シャングリラ」、中島みゆきの「夜会」は、それぞれ定評のあるライブです。この2人は今でも多くのファンを持ち、女性アーティストの世界でもトップの存在です。

80年代:プリプリ、薬師丸ひろ子、Wink、ドリカム

 そして80年代になると、女性アーティストが誕生してきます。

コメント3件コメント/レビュー

ここ数回の連載を目を丸くして読んでいました。 よくもまぁ次から次ぎへ名前が出てくるものですね。 名前と寸評(?)の繰り返しが、なんか芸人のマシンガントークを聞いているようです。このスピード感が面白く、読み終わるとハァハァと息が切れています。(2009/06/19)

オススメ情報

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ここ数回の連載を目を丸くして読んでいました。 よくもまぁ次から次ぎへ名前が出てくるものですね。 名前と寸評(?)の繰り返しが、なんか芸人のマシンガントークを聞いているようです。このスピード感が面白く、読み終わるとハァハァと息が切れています。(2009/06/19)

いつも深澤さんの記事を楽しみにしております。しかし今回に記事では、ちょっと気になるところがあったので投稿します。今回挙げられた名前の中に「竹内まりあ」の名前がありませんでした。彼女はアイドルでデビューしてから、一時休業後シンガーソングライター&プロデューサー(兼主婦)として成功した珍しい例です。女性アイドルは長くても活動期間は5,6年なので、その後何かに転身しなければならないですが、シンガーソングライターで成功できたのは彼女くらいです。もう一つ「本格R&B」という言葉ですが、90年代のR&Bに本格という言葉が付くのには抵抗感があります。本来のR&Bは50~60年代の黒人公民権運動の背景があっての言葉なので、日本で「本格R&B」を付けて良いのは「和田アキ子」ぐらいかと思います。(2009/06/19)

いやあー。皆名前も知っているし、CMや歌番組で聞いたことはあるが、一切CDを持ってない。よく考えると女性アーチストのCD自体ほとんど持っていない。まあ、男性アーチストでも持っているのは、平井堅や久保田くらいで、他はカラオケ練習用のシングルCDでスマップとか。洋楽でも女性ヴォーカルはかなり少ない。最近流行っているアバは聞くかな。昔懐かしいカーペンターズ、シャーディー、シンディー・ローパー、ハート、エンヤなど。男性ロック、ポップスは200枚以上持っているが、女声のCDは少ない。小生は特殊な例だと思うが、平均的に男性は女性ヴォーカルのCDを何割くらい持っているのか??女性の持っているCDの男女比はどうなのか?ウタダさんはR&Bではなく、アメリカの王道ポップスですよ。白人が黒っぽいテーストを入れたころの昔のポップスを思い出す。(2009/06/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今や中国は、米国よりも世界的な経済力がある。

イアン・ブレマー 国際政治学者