• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

父の日、「オトコの育児」を考えてみませんか

“育休主夫”になって働き方を変えた父親

  • 奈良 貴子

バックナンバー

2009年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 もうすぐ父の日。子育てを楽しむ若い父親が増えてきたとはいえ、男性の育児休業取得率は依然として1.56%(厚生労働省「平成19年度雇用均等基本調査より)と低水準。制度はあっても職場の理解が得られないことや、「育休を取ると出世コースから外れる」という不安が、この数字に表れている。

NTTデータ人事部の堀川佐渡さん
(写真:花井 智子、以下同)

 しかし一方で、育休をきっかけに働き方を変え、子育てと仕事を両立させている男性もいる。2008年1月から3カ月半の育休を取得したNTTデータ法人ビジネス推進部(当時。現在は人事部)の堀川佐渡(ほりかわ・さど)さんもその1人。共働きの妻の産休・育休明けから、生後3カ月の次男の育児と家事をバトンタッチされた。

 社内でも有名な「子育てパパ」。7年前、長男の出産に立ち会って「パパ・スイッチ」が入り、「妻はこんな苦しみに耐えて産んでくれ、子供は生まれてくれる。そのことに感動し、自分も子育てに積極的に関わっていきたいと思いました」と語る。

 広告業界で働く妻とは同い年で、長くつき合ってから結婚したこともあり、何でも話し合い、イコールパートナーシップでやってきた。DINKS時代も家事は分担。長男が生まれてからも、育児をできる限り分担した。

育児を分担しているつもりでも、実は妻に負担が

 「いや、分担している“つもり”でした」と堀川さんは振り返る。「こっちは職場のパパたちとの比較で考えますから、『オレ、子供の寝顔しか見てないよ』と言う同僚に比べれば、自分は毎朝の保育園の送りと、週1回とは迎えをしているし、夜泣き対応も引き受けている。けっこうやっているじゃないか、と」。

 しかし保育園から呼び出しがあれば、5回中4回は妻が早退。子供が水疱瘡になった時は、妻が泣く泣く会議をキャンセルして対応した。その時堀川さんは、「申し訳ないけど、オレ営業だし、お客さんに提案があるから、火水木金はダメ、月曜の午後だったらいいよ」と言っていたという。

 「後で妻に、『目の前でシャッターを下ろされたようだった』と言われました。どちらも会社でチームを率いる立場にありながら、『どうして私ばっかり』と。やはり母親の方が休みを取りやすい、という認識が僕の中にもあったのですね」

 妻は育児の主担当で、堀川さんは副担当。一般的な父親たちに比べれば手伝う範囲は広いが、「指示待ちであることには変わりない。1人称で考えて動いて」と言われても、堀川さんは立ち往生するばかりだったのだ。

 夫婦の認識の違いは「弟が欲しい」という長男の一言で決定的となる。堀川さんは「すぐにでも」と思ったが、妻の答えは「これ以上は無理」だった。堀川さんは妻の負担を改めて実感し、次の子供の時は育休を取ることを決意した。

 幸いNTTデータには、男性が育児休業を取得した前例があった。堀川さんも長男が生まれた時に育休を取るつもりでいたが、準備不足で断念している。そこで今回は、日頃から社内で「パパキャラ」をアピールして備えた。

 堀川さんの場合は、ワークライフバランスのワーキンググループを社内有志で立ち上げて活動していたこともあり、上司や同僚にすんなり受け入れられた。堀川さんも周囲に迷惑をかけないよう最大の配慮をし、半年前には上司に相談。四半期ごとに来る仕事の切れ目で休みを取ることや、余裕を持って引き継ぎをすることなどを決めた。

 2008年1月から3カ月半、“育休主夫”に専念。実は堀川さんは「自分のお弁当は自分で作る」という両親の決めたルールの下、中学時代の3年間、毎日お弁当を作っていたことがある。その経験がモノをいった。「念願だった公園デビューも果たせて、とにかく楽しい毎日だった」と振り返る。子供と妻との生活を大切に思う気持ちも一層深まった。

 しかし、復帰後の働き方はどうするのか? 入社以来10年以上営業職にいた堀川さんの本音は、「スピードを求められるIT(情報技術)の現場で、育休を取って3カ月半後に復帰することに対して、全く不安がなかったわけではない」だった。妻と同様、主体的に育児に関わりながらも、やりがいのある仕事を続けたい。「育休を取ったという経験を、キャリアのプラスとして生かせないか」。

 そこで思いついたのが、人事部ダイバーシティ推進室への異動だった。ワークライフバランスのワーキンググループ活動でボトムアップの提案をし、テレワークを社内制度にした実績もある(参考記事はこちら)。「それならこちらを本業にして、とことん行っちゃえ、と考えたのです」。

コメント6件コメント/レビュー

どうして子どもの気持ちになって考えないのか?子どもはオヤジが育児してくれれば、母親がバリバリ働いても平気だと思うか?子どものために何がベターなのか?母親を仕事にとられ、父親が育児をすることを、子どもは本当に求めているのか?(2009/06/19)

「変えよう、男の働き方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうして子どもの気持ちになって考えないのか?子どもはオヤジが育児してくれれば、母親がバリバリ働いても平気だと思うか?子どものために何がベターなのか?母親を仕事にとられ、父親が育児をすることを、子どもは本当に求めているのか?(2009/06/19)

今の時代、問題提起にはなりますし、先駆者的な方は本当にすばらしいと思います。でもたぶんこういった世代の方たちが、会社の部長さんクラスになる20年後でないと、結局根付いていかないと思います。(2009/06/19)

私は昭和62年入社、現在45歳、家族は妻と小学生2人です。私は勤務している会社で初めて育児休業制度を利用しました。しかし、妻は専業主婦だったのでさすがに育休は使えず、短縮勤務を1ヶ月のみ申請しました。利用の際、職場のメンバーからの評判ははっきり言ってよくなかったです。その後6年以上が経過しましたが、短縮勤務はおろか育休を利用する男性社員はゼロです(因みに女性社員は100%です)。やはり男性にとって収入が減ることが最も障害のようです。男性に育児参加をさせるには、法律で義務付けるか、収入を100%保証するか、どちらかでないと一般化することはないでしょう。個人的には前者のベストで、そうなれば社会が変わるでしょう。(2009/06/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長