• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【26】「森ガール」と「農ギャル(ノギャル)」

ガーリー・乙女・ギャル文化の現在

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「森ガール」をご存じですか?

 「森にいそうな女の子」を指す言葉で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のmixi(ミクシィ)で「森ガールコミュニティ」の管理人を務めるchoco*さんが、友人に「森にいそうな格好だね」と言われたことから生まれました。

 森ガールコミュニティは2006年8月に開設され、今や3万5000人余りを集める人気コミュニティーですが、森ガールが話題になったのは、2008年あたりからです。

 ちなみに私が名づけた「草食男子」は2006年10月にこのサイトで発表し、2008年から話題になってきたので、言葉の広がり方がちょっと似ています。一方で、森ガールと草食男子が違う点は、森ガールは当事者による名づけであることです。

「ゆるい感じ」がキーワードの「森ガール」

 森ガールの定義は、森ガールコミュニティのトップページに60以上載っていますので、そこから抜粋します。

 ゆるい感じのワンピースがすき/シンプルよりどこかくせのある服がすき(でも派手派手してるのはそんなにすきじゃない)/素材にはこだわりたい/ちいさな子が着るようなワンピースもすき/短いネイルのほうが落ち着く/ニットやファーで、もこもこした帽子がすき/古いものに魅力を感じる/レトロな花柄すき/レースがすき/タイツ・レギンスがすき/靴は基本ぺたんこ/マフラーもストールもぐるぐるまきにしたい/重ね着すき/童話がすき/色白/ゆるいパーマをかけている/ロリータとはちがうの/ガーリー/カフェでまったりするのがすき/カメラ片手に散歩をするのがすき/雑貨屋さん巡りをついついしてしまう/すきなものはついついコレクションしちゃう、コレクター/本屋さんでかわいい本を見つけると嬉しい/手作りがすき/やわらかい雰囲気がでてるおんなの子/透明感のあるおんなの子/つねにゆるい雰囲気をだしている/森ガールファッションはロリータ系・姫系・お姉さん系・お嬢様系・全身ナチュラル系・チョキチョキ系とは異なります。


 なんとなく、イメージがわくのではないでしょうか。

 女性誌の「別冊spoon.」(角川グループパブリッシング)では、女優の蒼井優を表紙にして、森ガールのファッションとカルチャーを紹介する「森ガールA to Z」を出版し、話題になりました。

 その蒼井優が映画版で演じたマンガ『ハチミツとクローバー』(羽海野チカ著)の主人公、はぐちゃん(天然不思議ちゃん風の美大生)も、森ガールの象徴と言われています。
 
 かつて消費社会研究家の三浦展が名づけた「かまやつ女」(公式サイトによると「最近、原宿や下北沢でみかける、帽子をかぶった女子。古くさい、おじさんみたいな帽子で、髪型ももっさりしていて、服装は楽ちん風。まるでかまやつひろしのような風貌が特徴だ。」)も、森ガールにちょっと似ています。

 ただ、若い世代がかまやつひろしをよく知らないことや、当事者たちからの受けの悪いこともあり、この言葉はあまり浸透しませんでした。

ガーリー、乙女、自然派

 森ガールは「ガーリーブーム」の流れも受け継いでいます。
 ガーリーとは、「少女らしい状態や、女性が惹かれるもの全般を俗に言う語。ファッション・アート・その人自身などを通して表現される。1990 年代中盤のアメリカで発祥した考え方。「-スタイル」〔少女(girl)をもじったもの。蔑称のgirlieと区別されることが多い〕」(大辞林より)という意味(ちなみに蔑称のgirlieとは売春婦のこと)です。

コメント2件コメント/レビュー

TVで「農ギャル」なるものを見ました。八郎潟であきたこまちを作って「渋谷米」ブランドで売るのだとか? 短期間はビジネスとして成功するかもしれませんが、長続きはしないでしょう。なぜなら彼女たちが作ったからといってイメージ以外に付加価値がないわけですから。お米のような頻繁に食べる食品は、最終的に味と価格のバランスが決め手です。彼女たちが作った米は「価格の割りにおいしい」という評価が得られれば成功するでしょうが、ファッションを売りにしている以上無理でしょう。(2009/06/29)

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

TVで「農ギャル」なるものを見ました。八郎潟であきたこまちを作って「渋谷米」ブランドで売るのだとか? 短期間はビジネスとして成功するかもしれませんが、長続きはしないでしょう。なぜなら彼女たちが作ったからといってイメージ以外に付加価値がないわけですから。お米のような頻繁に食べる食品は、最終的に味と価格のバランスが決め手です。彼女たちが作った米は「価格の割りにおいしい」という評価が得られれば成功するでしょうが、ファッションを売りにしている以上無理でしょう。(2009/06/29)

農ギャルは知っていましたが、森ガールは初めて聞きました。ガールスカウトとか、ロビンフッドとかのイメージかとおもったらむしろ妖精とか「西の魔女が死んだ」的なもののようですね。 ただどちらにしても、基本的に彼女たちって都会に住んでる、もしくは都会育ちなので、ファンタジーやレジャーとしての「田舎」や「自然」を求めているだけのような気がします。 それでも、自然や農業に無関心よりはマシではあるのでしょうが。(2009/06/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長