• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【27】「ブラトップ」と「ノーブラ」

肌を露出する夏、女たちは何がそんなに大変か?

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性にとって、夏はいろいろと苦労の多い季節です。

 暑くても、体形を保つために身体を締めつけるブラジャーやガードルを身につけ、薄着であっても下着のラインが洋服に出ないようにし、ダイエットは抜かりなく、汗で落ちないメイクをし、UV(紫外線)もカットし、ムダ毛を処理し、体臭にも気を配り、汗を見せないようにし、素足になる時のためにひざやかかともすべすべにする…。

 そんな女性の苦労を、1つだけ楽にするヒット商品が生まれました。

 それが2008年にユニクロから発売された「ブラトップ」です。

 去年の夏だけで300万枚を売り上げる大ヒット商品になり、今年は昨年売上枚数の3倍となる900万枚を目標に、国内外で販売されています。

女たちを楽にしたユニクロの「ブラトップ」

 ブラトップとは、キャミソールやタンクトップの内側にブラジャーの機能が付いている商品です。暑い夏にはこれ1枚を着るだけで、ブラジャーもつけたことになるのです。

 今年は、ワンピース型のブラトップも発売されたので、これを着てショーツだけはけば、外出もできるわけです。

 ブラトップを開発したユニクロの執行役員白井恵美さんは、1965年生まれです。留学や様々な会社勤務を経て、2000年にファーストリテイリングに入社し、「日経ウーマン」の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」で大賞を受賞しました。

 ユニクロは現在も業績を伸ばしていますが、不振の時代もありました。フリースで大成功した後には、大きなヒット商品がなかったのです。

 インナー事業部に配属された白井さんはまず、薄着でも温かい機能性下着のヒートテックを冬に発売してヒット商品にし、夏のブラトップも大ヒットさせました。

 ブラトップはいまや、ユニクロだけでなくいろいろなメーカーが商品を展開していて、一大ジャンルとなっています。

 実はブラトップと同じような商品は20年前からあったのですが、それは「ブラジャーをしたがらないおばちゃん向けの商品」として、スーパーなどの衣料品売り場の片隅でひっそりと売られるような、デザイン的にも機能的にも“微妙”なものでした。

 ユニクロのブラトップは、デザイン的にも機能性にも優れ、もちろん価格も安いということで、大ヒットしたのです。

 そして女優(2008年は吹石一恵、2009年は栗山千明)を使ったおしゃれなCMで、「ブラトップ1枚で外出していいのだ」と宣伝したのです。

 そもそも、ブラジャーが苦手という女性は、実は多いものです。
 まずは窮屈であること。ストラップ(肩紐)がずれたり、胸を支えるワイヤーが痛いこともあります。

 そしてデザインもレースを多用しているので、シンプル好きな人だと趣味に合いません(無印良品をはじめとしてシンプルなブラジャーも増えてはきましたが)。

 和装の時代には、日本人はブラジャーもショーツも身につけてはいませんでした。

 洋装とともに下着文化が入ってきた日本では(ワコールが日本製のブラジャーを発売したのは1950年代です)、ブラジャーの歴史が浅いので、ブラジャーとバストに対するいろいろなルールが錯綜しているのです。

コメント15件コメント/レビュー

私は男ですが、以前気になってあるアンケートを取った事があります。内容は胸の大きさに関する好みについて、男女別に。ネットでやったアンケート(それぞれ100人、有効回答9割くらい)なので信頼性に欠ける面はありますが、その結果を見ると男女のギャップが見てとれました。言い方は悪いかもしれませんが、男性には貧乳好きも巨乳好きと同程度いるのに、女性には貧乳好きの男性がいると考えている人はほとんどいなかったのです(余談ですが、貧乳好きの私としては危機感を覚える結果でした)。胸のサイズについての認識(小・大・標準の三つ)はほぼ同じだったのですが。化粧や乳首、腋毛についても、気にしない男性もいるはずです(私の場合、腋毛以外は気になりません)。多分、過剰に気にする人と同程度には。もしこのことが女性に広く知られれば、少しは女性も気楽になれるんでしょうか。無論、問題は男性の目だけでないでしょうし、それで全てが解決するとは思えませんが。(2009/07/19)

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は男ですが、以前気になってあるアンケートを取った事があります。内容は胸の大きさに関する好みについて、男女別に。ネットでやったアンケート(それぞれ100人、有効回答9割くらい)なので信頼性に欠ける面はありますが、その結果を見ると男女のギャップが見てとれました。言い方は悪いかもしれませんが、男性には貧乳好きも巨乳好きと同程度いるのに、女性には貧乳好きの男性がいると考えている人はほとんどいなかったのです(余談ですが、貧乳好きの私としては危機感を覚える結果でした)。胸のサイズについての認識(小・大・標準の三つ)はほぼ同じだったのですが。化粧や乳首、腋毛についても、気にしない男性もいるはずです(私の場合、腋毛以外は気になりません)。多分、過剰に気にする人と同程度には。もしこのことが女性に広く知られれば、少しは女性も気楽になれるんでしょうか。無論、問題は男性の目だけでないでしょうし、それで全てが解決するとは思えませんが。(2009/07/19)

男です。読みながら思いましたが、日本の男が求めるものを女が用意していると理解すると、男が欧米風の大人的でない人形のような女を求めているということになりましょう。で、男も大人になりきれていないので、子供的な女を求めて支配したいのではないでしょうか。それが日本の男と女がお互いに選択してきた進化の結果として、今がある。見て御覧なさい、男の政治家が今やっているのは、幼稚園の砂場か小学校の昼休みの校庭の場所取りのような次元で争っている様子を。子供の国です。マイケルも移住すればよかったのに。。。。。大人の国と違って、ストレスが無かったかも。。。。(2009/07/16)

男です。もともと日本の女性の胸は小さめな人が多いのでもっと自由にノーブラを取り入れても良いと思います。ただ、腋毛の処理と体臭管理だけやっていただければ、私はハッピーです。人の目を気にするのもいいですが、もっとリラックスして仕事に遊びに精を出しましょう。(2009/07/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長