• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】晒しによる疑惑とPKのトラブルに巻き込まれて

“顔のないコミュニケーション”の未来

  • 北湯口ゆかり

バックナンバー

2009年7月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オンラインゲーム内での話題の多くは、ゲームに関する情報とプレーヤーの噂話だ。素性が分からない相手とでも、共通の話題として盛り上がれる。

 こうした噂の発信源は、掲示板やブログで語られた話であることも多い。特にトラブル話は噂のネタになりやすく、ネット上をまたたく間に駆け巡って、騒動を激化させてしまうこともある。

 そんなトラブルが自分の身にも降りかかるとは、野中アミは想像もしていなかった…。

 この連載で紹介してきたオンラインゲームは、主に大人数が参加できるMMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)というものだ。

 このタイプのゲームに参加するためには、初回で紹介した通り、会員登録、ゲームのインストールを経て「ログイン」という段取りを踏むため、会員資格のない部外者がゲーム内の様子を覗き見ることはできない。

 一見、会員だけがたむろしている閉鎖的な空間のように思えるが、実は外からでも、中で起こっていることの一部を伺い見ることは可能だ。

 それは、ゲーム運営会社の公式サイト、ゲーム情報のポータルサイトなどのことを言っているわけではない。ゲームの内側を知る参加プレーヤー自身が、インターネット上の様々なサービスを利用して、自発的に情報を露出・開示しているのだ。

 その目的は、情報の共有と交流にある。ゲームの中はリアルタイム進行なので、同じ時間帯にプレーする相手としか交流を持つことはできない。しかし、こうしたサービスを利用すれば、時間差があっても交流できる。そこで、新たな出会いが生まれることも多いが、プレーヤー間の「場外乱闘」へと発展してしまうこともある。

ゲーム外に存在する様々な「接点」

 プレーヤー自身が発信する情報は、多岐に渡る。最もよく利用されるのは「wiki」と呼ばれるデータベースタイプの情報サイトだろう。

 これは「インターネット上のフリー百科事典」として、「ある言葉」の意味・語源、関連事項をユーザー自身が追加・編集できるウィキペディア(Wikipedia)の仕組みを利用したものだ。

 ゲームごとに個別のwikiが作成され、そこにプレーヤーたちが知り得た事柄をテキスト化して追加・編集する。情報の蓄積が進むと、ゲーム内の「仕様面」での詳細が浮き彫りになると同時に、プレーヤーにとってはゲームの攻略に欠かせない情報源になる。しかしwikiは攻略情報の共有が目的となるため、プレーヤーの主観や意見などは、はじかれてしまう。

 プレーヤーの意見などを書き込めるのは、「2ちゃんねる」「したらば」などに代表される掲示板システムだ。

 ゲームごとに分類された掲示板にテーマが設けられており、考察や質問、議論などを目的として意見交換が展開される。個々の掲示板は、誰でもすぐに作れるので、人気の高いゲームでは多くの掲示板が乱立することもある。

 こうした、多くのプレーヤーが共有する情報ではなく、対象範囲の狭い個人的な情報も、ブログやホームページなどを通じて発信される。特に、「プレー日記」と称されるブログでは、自分が所有するキャラクターの行動や、他キャラクターとの交流の様子が綴られる。

 一見、個人的な情報開示に思えるが、ブログ自体がもともとコミュニケーションツールとしての性格を持っている。同じゲームに参加しているプレーヤーから「ブログ見ましたよ」と声がかかることもあり、プレーヤーにとっては、新たな交流のきっかけになることも多い。

 他にも、有志が作成したホームページや掲示板、「mixi」に代表されるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)なども含めれば、その数はさらに膨れあがる。そう考えれば、ゲーム内の人間関係は決して閉塞的なものではなく、ネット上に様々な「接点」が存在し、たとえゲーム内で一緒に行動したことのない相手とでも、交流を持つことができる。

 これらのインターネット上のコンテンツは、検索とリンクで容易に探し出すことができる。豊富な情報がある場所、興味の引かれる出来事などが起これば、あっという間に注目されて人が集まり、話題のネタになる。

 例えばトラブル、事件、悪行の噂などは、興味の対象になることが多い。

コメント5件コメント/レビュー

連載おつかれさまです。経験者である私から見ても色々と気づかされることがありました。個人的希望としてはもう少し続けて欲しい気持ちもありますが、ココはゲーム専門のサイトではないのでこの程度のボリュームが適当なのでしょうね…。以前この連載に対して「プレイヤーは普通の方たちです」などとコメントをつけましたが、これまで読んできて逆に普通の方たちだからこそ難しい部分も出てきてしまうのだと気づかされました。終了は残念ですが、機会がありましたら、またこういった記事を読みたいです。(2009/07/13)

「オンラインゲーム その妄想と欲望」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

連載おつかれさまです。経験者である私から見ても色々と気づかされることがありました。個人的希望としてはもう少し続けて欲しい気持ちもありますが、ココはゲーム専門のサイトではないのでこの程度のボリュームが適当なのでしょうね…。以前この連載に対して「プレイヤーは普通の方たちです」などとコメントをつけましたが、これまで読んできて逆に普通の方たちだからこそ難しい部分も出てきてしまうのだと気づかされました。終了は残念ですが、機会がありましたら、またこういった記事を読みたいです。(2009/07/13)

今回で終わりなんですね。毎回楽しみにしていましたので残念ですが、お疲れさまでした。私自身はまだMMORPGには参加したことはないのですが、色々と参考になりました。心温まる交流もできる反面、トラブルもあり、諸刃の件というのもわかりました。運営側のシステム面なども参加する前によく考慮して、自分にあったネットゲームを探すのも大事なことだと思いました。私自身はPKが許されているゲームには初めから参加しないかもしれませんが、よくも悪くも人間社会の反映がネットゲームなのかもしれませんね。(2009/07/13)

2chネトゲ板での晒しは個人情報保護法との兼ね合いもあって削除対象となり、余程個人HPが炎上でもしない限りリアルライフに影響は出ません。しかし、ご存知中国のネット社会では「人肉検索」が存在します。マーケット拡大の為の多言語化によるネットゲームの越境化が進むと、人肉検索の上、晒れるプレーヤーが急増するかもしれませんね。(2009/07/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長