• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【29】「YES女子」と「NO女子」

安易な肯定と断定は何も生まない

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年7月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「もてる女」「仕事のできる女」というテーマは女性誌でもよく取り上げられますし、女性同士の会話でもよく話題になります。

 例えば「美人やかわいい人はもてる」「頭のいい人や段取りのいい人は仕事ができる」などの前提はもちろんあるのですが、女性の場合は“ある程度”のところまでならば、「YES」と言える人の方が「もてる」し「仕事ができる」と思われるものです。

 この“ある程度”がポイントなのですが。

 よく女性同士で話していて、「あの人は美人(かわいい)なのにもてない」と言われる女性がいます。

 こういう女性は、美人であっても、相手に「NO」と言っていたり、「NO」のサインを出していると思われることが多く、なかなかもてないものです。

 仕事についても同様です。
 会社員であれば、上司から「これをやってください」と言われたら「はい」と引き受ける人、フリーランスでも「やります」と引き受ける人の方が、仕事ができるという評価を受けやすくなります。

 文句を言ったり、その仕事を断る人は、仕事ができないと評価されてしまうものです。

 このように「NO」と言うのはチャンスを減らしてしまうことが多いものです。

「YESだけ」でもなく「NOだけ」でもなく

 仕事でも恋愛でも、若い時や、チャンスが欲しい時には、「YES」と言って受け入れる気持ちを持っている方が楽だし、うまくいくことも多いでしょう。

 ただ、「YES」と言い続けているとそれが習い性になって、年を重ねてもそれを続けてしまうもので、そのあたりが難しいところです。

 例えば、自分のタイプではない男性からばかりもてる女性などは、「YES」の無駄遣いをしています。

 また結婚しても不倫してしまう女性というのは、「NO」と言えないだけだったりします。

 元カレから「俺リストラされちゃった。会えない?」と連絡があると、「なんだかかわいそう」と受け入れてしまったりして、「YES」と答えない方がいい時でも「YES」と言ってしまうのです。

 仕事でも、自分が先輩や上司になったら、後輩や部下の立場に100%立ってしまっても会社の利益にならないし、会社の立場に100%立ってしまっても後輩や部下の信頼を得られないことがあったりします。

コメント6

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長