• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】女は生きにくい、女は面白い

「女らしさ」は趣味。百人百様の女のルールを尊重しよう

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年7月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この連載は今回で最終回です。
 私がこの連載で書きたかったテーマは2つあります。

 1つは、「女は生きにくいし、面倒くさい」ということです。

 たとえば「女子力」という言葉があります。

 gooランキングで「これができていると「女子力」が高いと思うことランキング」(2008年6月23日~2008年6月25日)という調査がありました。

1位:一年を通してムダ毛処理を怠らない
2位:座っている時の足は常に揃った状態
3位:着る服に合わせてメイクを変える
4位:浴衣の着付けができる
5位:飲み会の時さりげなく皿を片付ける
6位:ブラとショーツは常にセットではく
7位:ポケットティッシュ・ウェットティッシュを常に携帯している
8位:カバンの中には裁縫道具
9位:定期的にネイルケア
10位:家着にも気を抜かない

 …なんだか大変です。

 私は海外出張や旅行から帰ってくるといつも、日本の女性がみな、小ぎれいでこざっぱりしていることにあらためてびっくりします。

 ファッションの都市であるパリやミラノと比べても、日本(特に東京)のように、「すべての女性が小ぎれいでこざっぱりした都市」はないように思います。

 それにもかかわらず、日本ではまだまだ「女子力」を要求されます。

「女らしさ」はこんなに大変

 「女子力」だけではなく、「大人の女の条件」などもあります。

 例えば――、キャリアを持つ、家族を大事にする(義理の家族ももちろん)、女友達を大事にする、夫や彼氏だけではなくデートする男友達を年上から年下まで持つ、着物の着付けもできる、いろいろな趣味を持つ、高級なホテルやレストランでもスマートに振る舞える、和食からエスニック、イタリアンまで作ってホームパーティでもてなせる、髪や肌をいつまでも美しく保つ…。

 もちろん、どれも「できれば素敵」ですが、すべてをきちんとやるのは大変ですし、面倒くさいことでもあります。

 そもそも、私自身が「女子力」や「大人の女の条件」が苦手であるという個人的な理由もあるのですが(上記の条件にはほとんど当てはまっていません、笑)、みんなも本当は大変なんじゃないのかなとも思うのです。

 また、日本にはいろいろな国の文化やマナーが入ってきています。

 例えば、私は食や料理の仕事も手がけているのですが、日本のキッチンに物が多くて片づけにくいといわれるのは、作る料理の種類が多いからです。

コメント10

「深澤真紀の平成女子図鑑」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員