• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中越地震が社員の絆を強めた、新潟の海産物卸会社

魚沼冷蔵4代目社長 小田島美智子さん

2009年8月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ほどよく脂が乗り、絶妙な塩加減のシャケは、日本の朝食の定番。「あたたかいご飯に乗せて頬張ると、自然に食欲が沸いてくる」と言う人も多いはずだ。

 そんなシャケの中でも、美食家たちが「最高の味」と絶賛するのが、新潟県小千谷市に本社を置く海産物卸会社、魚沼冷蔵が自社ブランドで販売する「甘塩サーモン」だ。

 最高級のチリ産サーモンの切り身に吟味した自然塩の焼塩をすりこみ、真空パックにしたもの。様々な工夫で格別のおいしさを実現し、派手な広告宣伝は一切ないが、口コミで全国に評判が広がった。

魚沼冷蔵社長の小田島美智子(写真:山田 愼二、以下同)

 「素材の質や鮮度はもちろん、切り分け方から調味、包装方法まで、あらゆることにこだわらなければ、お客様に喜んでいただける商品はつくれないんです」。魚沼冷蔵の社長、小田島美智子は明るい笑顔でこう話す。

 例えば「甘塩サーモン」では、最高級のシャケの頭から約3分の2の上質な部分だけを使用。焼いた後、脂が抜け落ちないように、普通の切り身より微妙に厚みを持たせている。機械を使わずベテランの職人が手作業で切り身に切り分け、真空パックにして箱詰めしていくのもこだわりの一つだ。

 「機械化を試みたこともありましたが、すぐに手作業に戻しました。当社では、真空パックにした後、包装の上から中の切り身の形や位置を手で整えています。こうすると、見た目は美しくなるし、異物混入やピンホール(骨で袋に穴が空いてしまう状態)が見つけやすい。それに何より手作業の方がおいしいものができるんです。きっと、作り手の想いのようなものが伝わるからじゃないかしら」

画像のクリックで拡大表示

 同社では、シャケ以外の魚の切り身や総菜などの食品も製造しており、「吉雪」というブランドでシリーズ化している。注文の6割は県外からの注文で、料理研究家など著名人のファンも多い。

 海産物卸に限らず中間流通業者は全国的に衰退しつつあり、魚沼冷蔵も本業の年商はピークの半分以下である約6億円に減少した。そんな中で「吉雪」部門だけは年々着実に業績を伸ばしており、直近の売上高は1億2000万円を達成。同社の“希望の光”となっている。

 「『吉雪』を手掛けていなければ、今ごろ会社はもっと厳しい状況になっていたと思う。それに、私自身、経営者としてここまで頑張れなかったかもしれない」

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

「中越地震が社員の絆を強めた、新潟の海産物卸会社」の著者

荻島 央江

荻島 央江(おぎしま・ひさえ)

フリーランスライター

2002年からフリーランスライターとして活動。現在は「日経トップリーダー」や「日経メディカルオンライン」などに執筆。著名経営者へのインタビューや中小企業のルポを得意とする。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者