• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国際的リーダーが求められる資質を磨く

縮小する一方の日本市場だけで食っていけるか?

  • 福原 正大

バックナンバー

2011年7月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「子供の中学受験がようやく終わって、4月から私立中学の1年生になったんだ。これでようやくホッとできるね」

 「できない、できない! うちの子は中学2年生だけど、大学受験のために塾に行かせようと思っている。今から勉強をさせ、旧帝国大学を目指させようと考えているよ」

 「すごいね。わが家の子供にも早慶、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)には行ってほしいとは思っているけど」

 子供の教育について、上記のような話を居酒屋で友人とすることはないでしょうか?

 こんな時、隣の席から
 「米国の一流大学は目指さないの?」
 と口を挟むとどうなるでしょうか?

 おそらく、
 「考えていないよ」
 ということでおしまいでしょう。

 では、こう続けたらどうなるでしょうか?
 「ハーバード大学のサンデル教授の授業や、スタンフォード大学の授業をテレビで見た。あれはすごかった。僕が受けた、日本の大学の退屈な授業とは違ったよ。先生が黒板に向かってひたすら書き続ける授業ではない。議論が中心で面白いね」

 さらに、こう続けたらどうでしょう?
 「楽天では英語が公用語になった。社食のメニューも英語表記。子供たちが30代の働き盛りになるころには、日本人以外の従業員がもっと増えて、ほとんどの企業で英語が公用語になっているのではないの?」

 将来を生きる子供たちは、今の日本の高等教育で通用するのかな?

日本の市場は縮小、成長するのは中国・インド

 時代は大きく変わりつつあります。日本の少子高齢化は急速に進んでいます。日本の市場は今後小さくなることが予想されます。中国やインドの台頭が著しいのはご承知の通り。国際社会における日本のプレゼンスは小さくなる一方です。このような環境下、これからの子供たちは「日本を含めた世界の素晴らしい大学で勉強し、世界で活躍する国際的な日本人」を目指す必要があるのではないでしょうか?

 本コラムでは「国際的な日本人を目指す」時代に必要な教育に興味を持っている親御さまや教育に携わっている方に向けて、東大とハーバード大の両方に合格するためには、どうすればよいのか、をお伝えしていきます。

 「東大」と「ハーバード大」と言ったのは、良い教育をする大学の象徴としてです。この点を最初にお断りしておきたいと思います。「京大」と「イエール大」でも、もちろんかまいません。東大以外にも良い教育をする日本の大学があるのはご存じの通り。そして、ハーバード大を含むアイビーリーグの大学、スタンフォード大学やMIT(マサチューセッツ工科大学)、リベラルアーツの大学はどれも特徴を持った素晴らしい一流大学です。

 また、このコラムでは、ハーバードをはじめとするアメリカの大学への入試対策を取り上げていきます。日本と教育システムが似ており、進学しやすいからです。欧州やアジアにも良い大学はありますが、アメリカの大学を中心に話を進めます。

なぜ東大とハーバード大の二兎を追うのか?

 「国際的な日本人を目指す」ために、なぜ、東大とハーバードの二兎を追うことが役立つのでしょうか?

 もちろん、お子さまの合格自慢をするためではありません。早い段階から双方を目指した学習をすることが、新しい時代に合った国際的な日本人への近道だからです。二兎を追う理由を説明する前に、新しい時代にあった国際的な日本人は、どのような能力を持っているべきなのか考えてみましょう。

 国際文化会館理事長の明石康、日本国際交流センター理事長の山本正、元国連大使の大島賢三の3氏を発起人とする提言「グローバル人材育成に関する提言――オール・ジャパンで戦略的に対応せよ」は次の資質を挙げています。「論理的思考」「強い個人」「教養」「多様な人と新しい価値をつくる能力」「問題設定・解決力」「情報収集・分析力」「外国語でのコミュニケーション能力」「異文化理解・活用力」です。

 筆者も、これからの時代にふさわしい国際的な日本人像を明確に描き、それが備えているべき資質を定義する議論の一部に参加しました。

「“第4の開国”~ハーバード大学と東京大学の二兎を追え」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長