• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国と韓国は、グローバル人材の育成に舵を切った

通貨危機を機にサムスンは米大卒業生の確保に走った

  • 福原 正大

バックナンバー

2011年7月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「就職活動は、大学2年生からしないといけないらしいね。企業インターンにも行っておいた方がいいみたいだよ」

 「出欠が厳しい授業に出なくていいの?」

 「代返できない授業だよね。勉強したい科目だけど、取るのやめようかな。バイトが忙しいし」

 勉強をするために高い学費を払っているものの、日本の大学ではやはり、就職活動やバイトが生活の中心です。保護者も、自らの経験から、大学時代は「モラトリアム」と割り切っているように見えます。これに対して、米国の一流大学の学生はどのような生活をしているのでしょうか?

米国一流大学は入るのが簡単? 卒業するのは難しい?

 「米国の一流大学は合格するのは簡単だが卒業するのが難しい。一方で、日本の一流大学は合格するのは難しいが卒業するのは簡単」

 もし、あなたが「そうだ」と思うのであれば、1世代前のステレオタイプ的な思考から抜け出せていないのかもしれません。確かに、日本の一部富裕層の間でバブル時代、「日本の大学に受からなかったら語学の勉強を兼ねて米国の大学に行こう」という動きがありました。それが、こうした誤解を生み出したのでしょう。大半の日本人が「入りやすい米国の大学」に入学していたのが現実です。米国の一流大学に進学できたのではありません。

 世界中から優秀な学生が集まるのですから、競争は激しい。米国一流大学に入る方が、日本の一流大学に入るよりも難しいのが現実です。

 Times Higher Education-QS World University Rankings 2010によれば、世界の大学のトップは英国のケンブリッジ大学。これに米国のハーバード大学、イエール大学が続きます。残念なことに、日本のトップである東京大学は4年連続で順位を落とし24位、アジア1位の座も香港大学に奪われてしまいました。

1位  ケンブリッジ大学 (英国)
2位  ハーバード大学 (米国)
3位  イエール大学 (米国)
・・・
23位  香港大学 (中国)
24位  東京大学 (日本)
25位  京都大学 (日本)
182位  早稲田大学 (日本)
206位  慶応大学 (日本)

出所:『Times Higher Education-QS World University Rankings 2010: Top 200 world universities』

入学後は、授業以外に6時間の勉強

 世界中、特に中国と韓国の学生が、教育レベルが高いとされる世界ランキング上位の一流大学を目指して熾烈な競争をしています。

 米国一流大学に入学した後の勉強はとても大変です。しかし、学生は各自工夫して、将来の人生目標を決めるべく、充実したものにしています。韓国の名門高校である大元外国語高等学校を経て、アイビーリーグに属するコーネル大学を卒業したナリ・ビーンさんにお話を聞きました。

 「大学では、科学、数学、哲学、歴史、言語などの幅広い分野から授業を選び、真剣に勉強しました。授業の予習と復習に、1日6時間――朝7時から9時までの2時間と、夕方18時から22時の4時間――を充てていました。それ以外に、積極的にボランティア活動をしたり、APEC(アジア太平洋経済協力)などの国際会議や学会にも参加したりして、知見を広げたのです」

 「こうした活動のおかげで、人生における目的意識が明確になりました。同時に、アジア人としてのアイデンティティとその役割に対する意識を強く持つことができました。あと、日本語や日本の近代史も勉強し、Japan-America Society of Georgiaが主催した日本語スピーチ大会で入賞も果たしました」

コメント0

「“第4の開国”~ハーバード大学と東京大学の二兎を追え」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏