• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「私だけ生き残って、ごめんなさい」

被災者支援ボランティアが活躍する「心のケア」

  • 太田 由紀子,日本産業カウンセラー協会(監修)

バックナンバー

2011年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災後1か月から、自発的に被災者支援ボランティアとして被災者の「心のケア」を行っている若い産業カウンセラーがいる。

 東京消防庁秋川消防署で総務課に勤務する産業カウンセラーのAさんだ。

 ほぼ毎月1回、多い時には2回以上、被災地に行っているAさんは福島県いわき市の出身である。震災が起きて間もなく、3月半ばにはいわき市の親族5家族が避難して東京にやって来た。Aさんの実家は半壊した。

状況調査と心のケア

 「故郷を救いたい」という思いで、産業カウンセラーAさんは支援活動を始めた。今月3日にも福島に行った。震災1か月後の被災地での出来事と、これまでに行った被災者支援ボランティアを紹介しよう。

 Aさんの活動は、大きく分けて2つある。

 1つは、ボランティア支援業務を、行政に働きかけて単発で行うもので、現地では「避難してきた人たちの状況調査」という形で実施される。

 「心のケア」の必要性が叫ばれる中、なぜ、ボランティアに頼る形になるのか不思議だが、現実は心のケアよりも、実際に目の前にある瓦礫の処理や、地域の立て直しなどが先決なのだ。「心のケア」という申請で現地には入りづらいらしい。Aさんは状況調査を行いながら、被災者の話に耳を傾け、その人の中のダメージをできるだけ軽くするよう動いた。瓦礫の処理だけをして帰ったこともあったという。

 そんな支援の中、仮設住宅で出会ったのが、Cさんだった。

痛烈なサバイバーズ・ギルト

 産業カウンセラーAさんが最初に行った仮設住宅で出会ったのが、一人暮らしの女性Cさん(50歳)だった。

 その日も、行政から依頼された状況調査をしていたAさんは、最後の聞き取りとしてCさん宅を訪ねた。部屋はきれいに片付き、身なりも良く、普通に話すCさんだったが、住んでいた地区を聞いた時に、Aさんはハッとした。その地区は海沿いで南北を山に挟まれたところだったからだ。

 「私だけ、買い物に行っていて生き残ってしまった」

 Cさんは、ご主人と一人息子を亡くしていた。その日は、ご主人と息子さんは自宅にいて津波にのまれた。Cさんだけが別の場所にいて助かったのだ。

 あの時、私だけ買い物に行かなければ、私も一緒に死ねたのに…。Cさんはその言葉を繰り返し、泣き崩れた。震災後初めてAさんに心の叫びを打ち明けたのだという。

 「痛烈なサバイバーズ・ギルト(生き残り罪悪感)でした。このような非常事態で、同じような状況の人がいるのに、自分だけ悲しんではいけないと、心にふたをした状態でした」とAさんは、当時を振り返る。

 サバイバーズ・ギルトは「Survivor's guilt」と英語で書くと分かりやすいように、戦争や災害、事故、事件などに遭いながら奇跡的に生還した人が、周りの人々が亡くなったのに自分が助かったことに対して感じる罪悪感のことだ。

心に刺さる、なぐさめの言葉

 一人息子は、精神疾患で東京から帰ってきている状態での被災だった。仕事を持たなかったCさんは、24時間息子さんと一緒にいた。ご主人と3人で、穏やかに生活していたのに、一瞬にしてすべてを失ってしまった。ご主人のご遺体は戻ってきた。しかし息子さんはまだだ。靴と財布が残された。気持ちの整理がつくはずがない。

 Cさんはある人からこんなことを言われたそうだ。

 「年を取ったら、病気になったりして介護が必要になるから、つらい時間が長くなる。それより一瞬にしていなくなった方が楽だったじゃない」

コメント0

「メンタルリスク最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)